ここから本文です

アニメ『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』シリーズや『機動戦士ガンダムSEED』シリーズなどで知られる脚本家の両澤千晶さんが2月19日、大動脈解離のため56歳で亡くなったことがわかった。アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズのポータルサイト「GUNDAM.INFO」で2月22日、発表された。


サムネイル

写真:アフロ


両澤さんはアニメーション監督・福田己津央氏の妻で、上記の2シリーズを始め夫が監督した作品で脚本を担当することが多く、夫婦二人三脚で活動を行ってきた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ