ここから本文です

AKB48・島崎遥香が、プロ意識に欠ける若手グラビアアイドルへの苦手意識を明かした。

サムネイル

島崎遥香/Haruka Shimazaki(AKB48), Nov 28, 2015 : ファッションフォトブック「ParU」の発売を記念した女性限定の握手会に登場した島崎遥香さん=2015年11月28日撮影
写真:MANTAN/アフロ


島崎は過去にフジテレビ系「淳・ぱるるの○○バイト!」で、「向上心が強い方が多そう。気が強いというか。アイドルを結構恨んでそう」とグラビアアイドルに対するイメージを明かしたが、2月23日深夜放送の同番組では、一部のグラビアアイドルへの苦手意識を告白。「年齢が上めの方は良い印象。でも同年代のグラビアアイドルはマジで......」と語り、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳に「マジで許せねーってこと?」とたずねられると、正直にうなずいた。

特別誰かと衝突があったわけではないそうだが、島崎は「見てて違うなって(思う)。グラビアやってる自分かわいい、モテるみたいな......」とグラビアアイドルへの思いをぶっちゃける。若いグラビアアイドルの中には職業意識に欠けた人物も多いと感じているらしく、田村の「ちゃんとプロ意識があるならいいけど、グラビアっていう職業をやってたらモテるでしょって人が多いってことか。取り組み方の問題ね」という言葉に「うん! うん!」と同意した。

そういったグラビアアイドルに対して、とくに島崎が気になるのが、SNSに水着などの自撮り写真を投稿していること。「だって私なんかがこうやってる(ピースする)のをプライベートで載せない。仕事としてファンの方に向けては撮りますけど......」と自撮りへの違和感を表明した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ