ここから本文です

タレント・若槻千夏が、自身の発言をもとに巻き起こった"ポスト・ベッキー"報道に驚きを示した。

サムネイル

若槻千夏/Chinatsu Wakatsuki, Oct 15, 2012 : 渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で行われたファッションショーにデザイナーとして、出産後初の公の場に登場した若槻千夏さん
写真:MANTAN/アフロ


若槻は2月21日、活動休業中のタレント・ベッキーが司会を担当していたフジテレビ系「人生のパイセンTV」に出演。その際Instagramで「代役の金髪」として告知していたが、この発言が「自身がベッキーの代役として出演したと認めるものだ」と注目されてしまい、若槻がポスト・ベッキーのポジションに浮上しているとの報道が出てしまった。

若槻は2月28日にInstagramで、「#私がインスタでハッシュタグをふざけて付けた件が誤解を生んでいる#ごめんなさい#そーゆーつもりの自己発信じゃない#恥ずかしすぎる#これじゃ売名行為の仲間入り#ポストってなに」と自身の発言が思わぬ形で話題になってしまったことに戸惑いを示した。そして「#ベッキーさん以外ベッキーさんじゃないのだよ」とロックバンド・ゲスの極み乙女。のヒット曲「私以外私じゃないの」を思わせる言葉をつづり、「#私はおのののかのバーターです」とユーモアたっぷりにつけくわえた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ