ここから本文です

MISIAが生演奏にこだわり、15年にわたって開催しているツアー「星空のライヴ」。そのベストテイクを集めた2枚組のCD『MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE』が3月9日にリリースされる。2001年開催の河口湖ステラシアターでの最初のライヴ音源から、フルオーケストラを率いた近年の音源まで全24曲。その小さな体から発する圧倒的な歌唱力はもちろん、えりすぐりのバンドメンバーたちによる息の合った演奏や、ライヴ会場ごとの音響の違いなど聴きどころ満載で、デビュー曲から最新曲まで網羅したベスト盤としても楽しむことができる。彼女にとってライフスタイルともいえる、「星空のライヴ」への思いをたっぷりと語ってもらった。

サムネイル

3月9日リリース『MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE』


MISIA 「星空のライヴSpecial Trailer」>>


■生演奏が音楽の本質を伝える

サムネイル
3月9日リリース『MISIA 星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE』


ーー「星空のライヴ」がスタートしたキッカケは?

「第一回目は01年でしたが、そのときは一夜限りのつもりで。お客さんも抽選で選ばれた500人とか1000人とか、ものすごく限られた方たちだけのためのライヴだったんです。それまでの私は、R&Bやヒップホップが好きだったのもあって、どちらかというと打ち込みサウンドを中心にやってきたのですが、『それをアコースティックな形で全編やってみよう!』というのがスタートです。
というのも、これまでライヴで数曲をアコースティックで披露していたら、その反響がとても大きかったんです。たぶん音楽の本質みたいな部分が、すごく伝わるんじゃないかと。それを突き詰めてみようと。それで、アコースティックライヴなら自然の中がいいんじゃないかな、7月7日が私の誕生日なので、七夕のストーリーにかけて星空の下で生演奏をしたら素敵なんじゃないかな、っていうところからスタートした企画でした。それがこんなに長く、15年も続く愛されるツアーになるとは、当時は思ってもみませんでしたね(笑)」

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー「星空のライヴ」を始めてみて、ご自身の中で変化したことは?

「私の中の、音楽的な部分をものすごく豊かにしてくれました。参加しているミュージシャンも、お亡くなりになりましたけど青山純さん(ドラム)をはじめとした大御所の人たち、重実徹さん(キーボード)や鈴木明男さん(サックス)や、最近参加してくれている若いミュージシャンたち、山口周平くん(ギター)や、吉田サトシくん(ギター)、Hanah Spring(コーラス)、Lyn...。私のバンドメンバーはみんな、すごく実力あるミュージシャンたちばかりなんですけど、彼らと一緒にやってきて、それまでの打ち込みサウンドにも、ものすごく良い形で還元されていったんですね。
『THE TOUR OF MISIA』シリーズはエンターテインメント性が高く、ダンサーが出てきたり打ち込みサウンドもあって......というのが、それだけにとどまらず、さらにいろんな方面に届けられるようになったんです」

■アドリブ合戦が楽しい......野外の音の違いも楽しんで欲しい

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーーバンドの演奏もどんどん自由になってきていますよね。

「シリーズを重ねていくことで、アドリブパートがどんどん増えていますね。本作のDisk1を聴いてもらうとわかると思います。1曲目"あなたにスマイル:)"からすごいバトル。"真夜中のHIDE-AND-SEEK"も、エンディングがオリジナルとはまったく違うバトルになっていて。"THE GLORY DAY"も、2枚目の"地平線の向こう側へ"もアドリブ合戦です。どんどん自由になってきました。唯一無二のライヴって、こういうことをいうんだなーって。すごく教えてもらいましたね、バンドのメンバーに」

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー収録されたライヴ音源は、どんな基準で選んでいきましたか?

「これがすごく難しくて......。最初は採点表みたいなのを作って、『歌、演奏、音響』っていうふうに分けて点数をつけたりしたんですよ(笑)。『音響』というのは、野外の音の違いもあるんです。雨が降った時の音は違うし、晴れている時の音も違う、山風が吹いているところの音も、ホールの後ろが開いている構造の音も違うんです。そういうことも採点基準にして選んでいったんですけど、不思議なことに、歌がいいときのテイクはバンドもいいし、バンドがいいときのテイクは歌もいいんです! それで、自然と全体に醸し出している雰囲気が、ものすごくいいものを何度も聞いて、それこそ何ヶ月もかけて選んでいきました」

ーーどの曲にも思い入れはあると思いますが、本作の聞きどころというと?

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


「敢えて選ぶなら、まだどこにも出ていなかった、「星空のライヴ I」からの"BELIEVE"と"Nocturne"。"Nocturne"も "真夜中のHIDE-AND-SEEK"も鷺巣詩郎さんの作曲なんですが、鷺巣さんの曲って演奏するバンドによって全然変わってくるんです。"Nocturne"はドラムが青山純さん、ベースは種子田健さんという初期のメンバーでやっていて、"真夜中のHIDE-AND-SEEK"はTOMOくんがドラムでベースはJINOさんという新しいメンバー。そのグルーヴの違いもすごく楽しいと思います。音響的にはホールと野外の音の違いとか。雨が降っていた『星空のライヴIII』は、音がちょっとドライなんですよ。」

■雨が降ると音がドライ、鈴虫の鳴き声も野外ライヴ音源ならではの魅力

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー雨が降ると音がドライになるんですか?

「そうなんです。音が雨に吸収されるから。『星空のライヴIV』は、ちょうど鈴虫が出てきた時期なので、ずーっと鈴虫の鳴き声が入ってる。これ、『あとから足したんじゃないか?』って言われるんですけど(笑)、本当にこのくらい鳴いてたんですよ! それも面白いし、『星空のライヴVIII』の音源は初公開。フェスティバルホールのリニューアル前と後、その音響の違いとか、音楽がすっごく好きな人は最高に楽しめますね。とにかく本作には日本全国、東京も大阪も長崎も沖縄も、山梨の音源も入っています」

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー音響も歌も演奏も楽しめるし、ベストアルバムとしても楽しめるすごい内容ですよね。お客さんの反応など、この15年でどう変化していますか?

「昔よりも、いろんな楽曲を聴く土壌に日本がなってきているので、その部分では、あまりこちらが『こういうふうに音楽を楽しむんだよ』って提示しなくても、もうそれぞれが自由に楽しんでくれているように思います。参加ミュージシャンが口をそろえて言うのが、「MISIAのお客さんはみんな、すごく音楽的だね」ということ。いいところでクラップが入るし、いいところで歓声が入るし、いいアドリブをしたら、ちゃんと盛り上がってくれる。そこがすごくうれしいですよね」

■音楽の重要な要素は「ブレスを感じ合うこと」

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー「星空のライヴ」で学んだことは?

「いろんなミュージシャンと一緒にやっていく中で、「ブレスを感じ合う」ことが、ものすごく音楽的に重要なことなんだなということですね。「息を合わせる」っていうじゃないですか。あれ、本当にライヴのときって、わたしのボーカルの、ハアッって息を継ぐところでミュージシャンたちは、リズムとタイミング、それから強弱と雰囲気を一瞬で感じ取るんです」

サムネイル
MISIA「星空のライヴ」ライヴ風景


ーー指揮者がコンダクトを振る瞬間みたいな。

「そう。わたしのブレスがコンダクトになるんです。最近の音楽って、ブレスを『ノイズ』とみなして切っちゃうことがあるんですけど、わたしは『ブレス』って音楽のすごく重要な要素だと思って聞いているんです。音楽を聴いていて、『ああ、このブレスでこういう演奏になったんだ』『ドラマーのこの掛け声で、こういうリズムになったんだ』って」

ーーMISIAさんの曲は「愛」について歌ったものが多いですが、この15年で「愛」という言葉への思いも変わりましたか?

「『愛』っていうのは、結果なんです。なんか自分の伝えたいことを歌っていたら、『それって、結局一つにまとめると何になるの?』って聞かれて、『ああ、愛だったんだな』みたいな......。だから、『愛を歌おう』っていうことを、そんなに強くは意識していないんです。恋だったり、日常のことだったり、景色だったり、何かそういうのを歌っていたら、『ああ、結局何かを愛したいとか愛されたいとか、愛を大切にしたいっていう根底の思いがあって、それで歌ってたんだな』っていうのを、最後にわかる感じ!(笑)それは、15年前から今もあまり変わっていないです。デビュー当時の曲を、今歌っていても全然違和感がない。それってありがたいことですよね。19歳でデビューしたんですけど、誰も私を子供扱いせず、真剣に作った楽曲をくださったからなんだと思います」

ーー今後の展望は?
MISIA: 5月から星空のライヴ IXを控えています。本作を引っさげてのライヴになりますし、オリジナルアルバム『LOVE BEBOP』リリース後の最初のライヴになるので、どんな曲を歌おうか、今からワクワクしています。そのツアーが終わったら、今度は久しぶりに「THE TOUR OF MISIA」のツアーがスタートするんです。「星空のライヴ」シリーズとは真逆とも言っても良いスタイルのライヴ。この二つのツアーを、この1年の中で出来ることが、凄く嬉しくて、私自身が楽しみにしています! 今後は、100歳になっても...というと大げさですが、老若男女問わず、いろんな人と音楽をやれていたら最高に楽しい人生だろうな、と思っています。

ーーでは最後に、MISIAさんの座右の銘をお聞かせください。

MISIA:「道しるべ」にしている言葉ならあります。ライヴや音楽って、どんなに完璧を求めても、そこには答えがないんですよね。そんな、「答え」がないことをあれこれ考えているうちに、どれだけ大きな拍手や歓声をもらっても、これで良かったのかと不安になっていた時期が少しだけありました。そんなとき、今は亡き青山純さんから、「MISIA、お客さんの拍手や歓声や笑顔が答えだよ」と言われたことが、私にとって何よりの「道しるべ」となっています。その「道しるべ」に出会えたことで、それまで以上にライヴが魅力的に輝きだした気がします。

・・・・

2015年"星空のライヴ8 MOON JOURNEY"で披露された「花」のライブ映像>>


1月6日リリース『LOVE BEBOP』より 「Butterfly Butterfly」(ショート ver.)>>


◆ MISIA
長崎県出身。その小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる日本を代表する女性歌手。1998年のデビュー曲「つつみ込むように・・・」は日本の音楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&Bの先駆者と言われる。その後発表されたファーストアルバム「Mother Father Brother Sister」は新人ながら、300万枚の異例のセールスを記録。以降、R&Bというジャンルにとらわれず、バラードの女王の名も確立させた。

(文/黒田隆憲@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ