ここから本文です

声優の山寺宏一が、メインMCを担当していたテレビ東京系の子供向けバラエティ「おはスタ」を4月1日をもって卒業することがわかった。山寺は18年半もの間"子供たちの朝の顔"を務めていただけに、ネット上に悲しみの声が広がっている。

サムネイル

山寺宏一/Koichi Yamadera, Sep 12, 2015 : 劇場版アニメ「映画かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち」(岩崎知子監督)の初日舞台あいさつ
写真:MANTAN/アフロ


3月7日放送の「おはスタ」で、山寺は、番組の今春リニューアルと自身の卒業を発表した。「素晴らしいスタッフとキャストと一緒にこの時間を過ごすことができて、本当に幸せでした。なによりも画面を通じて、全国の小学生たちと同じ時間を生放送で共有できたことが最高に幸せな時間でした。寂しいけれど、これからは次の世代のみんなに託したほうがいいなと思って、卒業は山ちゃんが自分で決めたことです。感謝の気持ちを込めて、めいっぱいあと4週間がんばりたいと思います」と語った。

「おはスタ」は1997年10月に「おはスタ SUPER LIVE」として放送スタートした。開始当初から山寺はメインMCを担当しており、毎朝「おーはー」と登校前の子供たちを元気づけていた。

子供たちの朝の顔といえる存在だっただけに、「おはスタ」を見て育った世代の人々がネット上で、

「おはすたから山ちゃんいなくなったらどうなるんだよ...タモリさんのいないいいともくらい虚しいぞ...」
「やっぱり僕ら世代にとっておはスタってすごく大きなものやったと思うし、山ちゃんは朝の顔だったんですよ。やっぱりちょっと寂しい」
「小学生の頃の思い出がまた一つ消えちゃう...」

といった悲しみの声を上げている。Yahoo! の急上昇ワードランキングでも「山寺宏一」「おはスタ」といったワードが上位にランクインしている。なお後任についてはまだ発表されていない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ