ここから本文です

お笑いタレント・出川哲朗が、20年ほど前の"出川狩り"ブームの際に、不良に目を刺されかけて警察に駆け込んだことを告白した。

サムネイル

出川哲朗/Tetsurou Degawa, Dec 07, 2015 : お笑いタレントの出川哲朗さんが12月7日、東京都内で映画「ザ・ウォーク」(ロバート・ゼメキス監督、2016年1月23日公開)のCMナレーションの公開収録を行った。
写真:MANTAN/アフロ


出川は3月7日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で、"出川狩り"ブームを振り返った。20年ほど前は、バラエティ番組の影響でチーマーたちが"出川狩り"と称して「見つけたらやっつけろ」と出川を狙っていた。出川は「渋谷はとにかく歩けなかった。怖くて歩けなかった」と語る。

不良は自宅マンションにも容赦なく押しかけて、「出川、遊ぼうぜ!」と毎晩インターフォンを鳴らした。またのぞき穴を壊されてしまったため、出川の自宅は外からのぞきこめる状態となってしまった。壮絶な体験にSMAP・中居正広は「ノイローゼになっちゃうよ」と驚き、出川も「ノイローゼ、本当に」と返す。

あるときはインターフォンが鳴ったので、のぞき穴からのぞいたら、キリで「カーン! とやられた」そう。さすがにシャレにならないと危機感を覚えた出川は、翌日警察にかけこんだのだが、警察には「刺されないと事件にならない」と取り合ってもらえなかったことを明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ