ここから本文です

ロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が、タレント・ベッキーとの不倫騒動後初めてツイート。バッシングされている「誰に謝ればいいの?」発言を釈明した。

サムネイル

ゲスの極み乙女。/Gesunokiwamiotome, Jun 18, 2015 : =映画「ストレイヤーズクロニクル」(瀬々敬久監督)のジャパンプレミアで=2015年6月18日撮影 主題歌『ロマンスがありあまる』を歌うゲスの極み乙女。がサプライズライブ
写真:MANTAN/アフロ


年明けすぐ『週刊文春』に不倫スキャンダルが報じられて、1月1日から更新がストップしていた川谷のTwitterアカウントだったが、3月10日に約2カ月ぶりでツイートした。

川谷は、同日発売の『週刊文春』で、ファン限定ライブで「みんな謝れって言うけど、世間の誰に謝ればいいの?」「内輪での話だから関係ないじゃん」と発言していたことが報じられて、さらなるバッシングの的となっている。当該発言について、川谷は「色んな切り取られ方をしていますが『誰に謝ればいいのか』という発言はファンの方々や関係者の皆さんに対しての言葉ではありません」と釈明。「ファンの皆さんには真摯に音楽で向き合いたいと心から思っています」と胸の内を明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ