ここから本文です

千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手と交際中のモデル・押切もえが、自身の「両思いの人がいる」宣言によってマネジャーを困惑させてしまったとして、騒動をわびた。

サムネイル

押切もえ/Moe Oshikiri, Feb 15, 2016 : 東京都内で行われたコスメブランド「D.UP」の新CM発表会
写真:MANTAN/アフロ


押切は先月15日に都内のイベントで、「両思いの人がいる」と有名人との交際をにおわせた。その後所属事務所が、押切の恋人が涌井投手であることを明らかにして、双方も交際を認めるに至った

押切は3月13日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演した。先月の「両思いの人がいる」発言に対して、VTRで登場した担当マネジャーは「驚きで言うと今までで一番。どうしたらいいのかわからなかった」「憶測を呼ぶような言い方だったんで。両思いで名前も言えないとなると、ただザワつくだけというか......」とかなり戸惑ったことを明かす。押切の交際告白を受けて、所属事務所はすぐ涌井投手に「もう名前を言いますね」と連絡したが、涌井投手は「驚くことも騒ぐこともなく、『あ~、そうなんですね』という大人の対応」だったそうだ。

押切は「言いたい、言いたいと思ってた。愛って大事だよねって......」と、つい気持ちが高ぶって交際告白をしてしまったと話す。しかしマネジャーにはその後目を合わせてもらえなかったと苦笑し、「涌井さん、スタッフの皆様。私が浮かれて、あんなことになると思わず、つい恋愛してると言ってすみませんでした。許してください!」と頭を下げた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ