ここから本文です

タレントのインリン・オブ・ジョイトイが、台湾の事務所に移籍することがわかった。インリンはこれまで日本の芸能事務所に所属していたが、昨年12月に代表取締役社長が威力業務妨害の疑いで逮捕される事件があった。

サムネイル

提供:アフロ


台湾在住で日本の芸能事務所に所属という生活を送っていたインリンだが、3月15日にブログで、台湾の芸能事務所に移籍したことを報告。マルチメディアユニット・ジョイトイのメンバーとして、"インリン・オブ・ジョイトイ"の名義で活躍してきたインリンだが、移籍にともないジョイトイも脱退。「これからは『インリン』として新たな気持ちで前向きに邁進していきたいと思っております」とつづっている。

インリンがこれまで所属していた芸能事務所ステイトリーズ・ガーデンは、代表取締役社長が昨年12月、米軍普天間飛行場の上空を飛行する米軍機にレーザー光と見られる強い光を照射したとして、威力業務妨害の疑いで沖縄県警に逮捕された。インリンは当時ブログで、「怒りと悲しみの気持ちでいっぱい」と騒動を謝罪している

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ