ここから本文です

お笑いタレントの狩野英孝が、2014年の離婚後にエステティシャンの女性からハニートラップを仕掛けられたことを明かした。

サムネイル

狩野英孝/Eiko Kano, Nov 09, 2015 : キリンビール「キリン のどごし<生>」新CM発表会 - 2015年11月9日撮影
写真:MANTAN/アフロ


狩野は3月17日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」で、「離婚後の久々のデートで会話を録音されていた」というエピソードを披露した。離婚後ということでさすがにおとなしくしていた狩野だったが、女性から誘われて、一緒に食事をすることになったそう。女性は店に遅れてやってきて、テーブルの上に携帯電話と"かわいいマスコットの小袋"を置いた。女性からは「離婚後は彼女とかどうなの?」「芸人って結構もらえるの?」といった質問をぶつけられ、恋愛事情をやたらとたずねられたことから、狩野は「俺に興味があるぞ!」と素直にはしゃいでいた。

ところで気になるのは謎の小袋......。タバコが入っているのだろうと思っていたが、女性が吸う様子はない。では「女の子の日のやつかな?」と思ったが、トイレに持っていかない。不思議に思った狩野が、女性が席を外している間にそっと小袋を触ってみると、赤いランプが光っていることに気づいた。いけないと思いつつ小袋を開けてみたら、中から録音中のボイスレコーダーが出てきた。

狩野が戻ってきた女性を「なにこれ?」と問い詰めると、女性は「作家を目指していて、いろんな人の話を録っちゃうクセがある」と苦しい言い訳をしてきた。狩野は「ウソだろ! おまえエステティシャンじゃん!」とボイスレコーダーを没収し、女性は逃げるように帰っていったと明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ