ここから本文です

昨年はベストアルバム『MAXIMUM PERFECT BEST』をリリースし、デビュー20周年のアニバーサリー・イヤーを過ごしたMAX。年が明けてからは、REINAやAKIも集結し、多数のスペシャルゲストが登場した記念すべき20周年公演の様子がおさめられたDVD『MAX 20th LIVE CONTACT 2015 BACK TO THE MAX FUTURE』もリリースされた。

サムネイル

5月7日開催『MAX LIVE CONTACT 2016 MAXIMUM PERFECT DAY!!』(品川プリンスホテル ステラボール)


MAXがデビューした頃と比べると、今は女性の幸せのあり方もいろんな形で存在するようになったが、MAXのメンバー内もしかり。結婚や出産を経験したメンバーもいる中で、今も日本の女性ダンスグループの先駆け的な存在としてアグレッシブな活動を続けている。
キャリアを重ねるごとに、紆(う)余曲折を経験しつつも乗り越えてきたMAXは今、3人が口をそろえて「以前よりも、だんだん楽しいと思うことが増えてきた」と笑顔で話す。ダンスや自分磨きの日々の努力は怠らず、人生を楽しみながら、しなやかに過ごしているMAXのメンバーが、20周年記念ライブの舞台裏や、5月7日に品川プリンスホテル ステラボールで開催される『MAX LIVE CONTACT 2016 MAXIMUM PERFECT DAY!!』へ向けての意気込み、さらには実践している普段の美容法まで話してくれた。

人気占い師ジューン澁澤がMAXを占う!2016年の3人の運勢は!?>>

■20周年ライブはリハから泣いてた

REINAもカムバック! 4人で歌う 「Give me a Shake」(ライブ ver.)>>


NANA:「昨年の20周年公演は、応援してくれるファンのみんなにありがとうの気持ちをステージを通して伝えたいなという気持ちが強かったですね。2年ほど前から3人で、『絶対20周年記念ライブやりたいね』と話していました。AKIちゃん、REINA、ファンのみんなが集まってくれたことに、すごく感謝の思いでいっぱいです。それに、皆の記憶に残しておくだけではなく、私たちの活動がさらに10年たった時に20周年を振り返るものが作りたかったので、映像に残せて本当にうれしいです」

MINA:「リハーサルのときから、私たち何かおかしかったですね。まず曲順を決めるときに、りっちゃん(LINA)がすごい泣き出して。それもおにぎり食べながら(笑)。『今そのタイミング?』っていう」

LINA:「今までの映像を見たり、楽曲を聴いたりしていたら、いろいろ思い出しちゃったの(笑)」

MINA:「リハーサルでみんなが集まったときも、DVDの様子そのまんま。本当にただの井戸端会議みたいな話からスタートして、だんだんとライブの話になっていきました。みんな子どもたちも連れて来ていたんですよ。今までだったら、子どもたちのいるリハーサルなんて想像できなかったけど、すごく和やかな現場でしたね。保育園の話が始まったりして、ママと独身者に分かれて話をしたり」

■『Tacata'』を2回披露

MAX 「Tacata'」(ライブ ver.)>>


NANA:「20周年ライブでは、本編とアンコールの2回『Tacata'』をやったんです。この曲は3人体制になってから初のシングルだったので、当時はこれをリリースするまで時間がかかっていたんですよ。どうやってMAXを続けていくのか話し合って、新しいMAXを見せていきたいと考えている末にたどり着いたのが『Tacata'』です。"まさかこんな曲を歌うことになるとは"と最初は衝撃的でした(笑)。周りのスタッフたちにも、私たちを見て育った世代の人たちがだんだん増えてきて、私たち以上にMAXのことを知っている人が『MAXはこうなんです』『MAXがこれやると面白いんですよ』と意見を言ってくれるようになっていました。いろんな人の意見を取り入れた末にできた曲ですね。それが結果としてちゃんと評価されて、MAXのことを知らない若い世代にまで浸透したので、私たちの想像をはるかに超えた作品になりました。実際、リクエストも多い曲なので、そこでMAXは全員揃うと5人だというのを『Tacata'』で表現したかったんです。20周年で新しい『Tacata'』を見せるのもいいかもと思って、アンコールで5人の『Tacata'』を披露しました。今後続けていく中で、さらにメンバーが増えたりアレンジが違う『Tacata'』ができるかもしれないですね」

MINA:「20周年ライブは、ステージで使う映像を見ながら、考える段階で先に感動して泣いてました。最初は、ちょっと面白おかしくマジックでもしようかなんてアイデアも出ていたくらいなんですけど、やはり胸がきゅんとするようなドラマチックな演出にしたいなと思って、ダンサーチームと一緒に考えました。AKIちゃんも『こんな日が来るなんて』と喜んでましたね。お酒飲み仲間の光浦靖子さんもライブに来てくれたんですけど、お客さんもいっぱい入った状態で生のライブを見て『MAXがこんなにすごいなんて知らなかった。泣き過ぎて頭痛い』って(笑)。『あなたたちは続けるべきよ!』と言ってくれたのもうれしかったですね」

NANA:「20年以上一緒にやってきて、私たちは、立ち上がる力が本当に強いなと思います(笑)。もう、もうこれで終りだ......という瞬間はいくつかあったんですけど、それでもMAXとしてやっていきたい気持ちが強かった。全員の心が一つになれる、グループとしての団結力も負けないですね」

MAX 「一緒に・・・」(ライブ ver.)>>


■年齢を重ねて変わったことは?

NANA:「20代前半は、自分のスタイルをかたくなに決め込んで、他を拒否しちゃうようなこともあったと思います。年齢を重ねて思うのは、いろいろな物事を楽しめるようになりました。笑うことも増えましたし」

MINA:「以前は"隙を見せたくない"と思って、人と会うことに構えて緊張していました。"私はこうしなきゃ"という気持ちがちょっと強かったのかな。大人になってからの方がチャレンジ精神が大きくなりましたね。みんなでお互いに、弱いところも励まし合って、助け合いながらやった方がいいなと思ってます。そうすると助けてくれる人もいっぱい出てくるし、誰かが困っていたら私も助けに行きますし。そんな人間関係が作りやすくなったのは、30代を超えてからですね」

LINA:「いろんな人との出会いのなかで、たくさんの話を聞いて目で触れて、質の良い楽しみ方ができるようになりました。若い頃のようなただ飲んで騒ぐだけじゃないような(笑)。ひとりでもちゃんと行動して楽しめるようになりましたし。若い時は、学ぶことが"面倒くさい、かったるいな"と思ってました。今は学んだ分だけ、ちゃんと結果が出ることを知って、学ぶことも楽しくなりましたね」

NANA:「逆に無理ができなくなりましたけどね。昔はライブのあとは絶対打ち上げに行ってたんですけど、今はもう......(笑)。3人とも帰っちゃいますね」

MINA:「以前は、幸せの中で"遊び"が占める比重が多かったんですが、今は寝ることにもすごく幸せを感じてます(笑)」

■美の秘訣(ひけつ)は?

LINA:「ハマってる美容法は、ジュースクレンズですね。ジューサーに野菜やフルーツを入れて作ってます。酵素が取れるので良いんですよ。ライブ前や体重を絞りたいとき、肌荒れしたときなどは、そのドリンクだけを一日5杯くらい、というので3日間過ごしたりします。体のなかから奇麗になって、体質改善できますね。気持ち的にも体的にもすごくすっきりして楽ですよ。

あとは、なりたい女性のヌード写真を集めてます(笑)。下着ブランドの外国人モデルの写真などをチェックして、『このお尻奇麗!』と思ったら、携帯に保存しておきます。『こういうお尻やウエストになりたいんです』とトレーナーの方に見せて、トレーニングしたり。自分の後ろ姿をチェックすると落ち込むこともありますが(笑)、理想の画像を見て、やる気をアップさせてます。健康的なラテン系の体を目指してるんです」

MINA:「最近ピラティスのインストラクターの資格を取ったんですよ。なかなか落ちない背中の肉も落ちはじめました。体を動かすことはずっと好きなので、家でもやっています」

NANA:「私は散歩しています。あ、ウォーキングっていうの?(笑)。それと、サルサも。ジャンルによりますが、ダンスは普段の動きもすごくしなやかになるので、女性らしい動きのあるダンスに通うことが多いですね」

■5月のステラボールのライブはどうなる?

サムネイル
5月7日開催『MAX LIVE CONTACT 2016 MAXIMUM PERFECT DAY!!』(品川プリンスホテル ステラボール)


NANA:「5月は、20周年ライブの余韻がまだ残っている中、まだまだMAXにはたくさんの可能性があって"このメンバーだったら大丈夫"と安心感を与えられるようなライブにしたいです。毎日のことを忘れて、弾けてほしいですね」

LINA:「衣装もセクシーでカッコよくしたいです。守りに入るんじゃなくて、やっぱり足も体も出していきたいですね。この衣装着るぞ!と目標ができるとがんばれますし。今までとは違う、大人なアラフォーの女性を表現したいなと思います」

MINA:「今回の公演は、昼夜2回なので、夜はお子さんがいるから行けない、という方もお昼の公演に来てほしいですね。20周年ライブのときは、自分たちの人生と、みんなの人生を重なり合わせてMAXの曲を楽しんでもらえてるなと実感したんです。MAXの曲はみんなの曲でもあるんだなと思うと、もっともっと歌い続けなきゃいけないという気持ちが強くなりました。その1つとして、ライブの同じ空間でいろんな世代の人たちと一緒に楽しんでいけたらな」

サムネイル
5月7日開催『MAX LIVE CONTACT 2016 MAXIMUM PERFECT DAY!!』(品川プリンスホテル ステラボール)


▼公演・チケット情報はコチラ(Yahoo!チケット)
・・・・・・・・・・・・・・・・
◆MAX
NANA、LINA、MINAからなるダンスグループ。1995年「恋するヴェルファーレダンス~Saturday Night~」でデビュー。途中、MINAの脱退やAKIの加入などを経て、現在は3人で活動を行い、REINAは現在育休中。2015年にデビュー20周年を迎えた。座右の銘は、「考える前に行動せよ」(LINA)、「いくつになってもチャレンジャー」(MINA)、「努力に勝る天才なし」(NANA)

(取材・文/岩木理恵@HEW)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ