ここから本文です

腹話術師のいっこく堂が、外傷性くも膜下出血の診断を受けたことがわかった。いっこく堂はブログで、倒れて救急搬送されたことを明かしており、ファンから心配の声が寄せられていた。

サムネイル

写真:アフロ


いっこく堂は3月22日の夕方、「昨日夜中、意識なく倒れ顔面を強打し救急搬送されました。今、吐き気あるので、また報告します」とブログを更新した。倒れた原因については説明がなく、ネット上では心配の声が上がっていた。

そして同日夜、いっこく堂のブログ上で所属事務所からの正式発表があった。いっこく堂は3月20日深夜、就寝前にトイレに行った後、めまいがして倒れたそう。その際フローリングの廊下に顔面から倒れたため意識を失い、さらに顔面が血だらけになっていたので、家族が救急車を呼んだ。

「顔面の激しい痛み、傷、頭痛、吐き気、寒気」などの症状はあったが、頭のCTや血液検査の結果、異常はなかったので、そのまま帰宅した。しかし翌21日、22日と頭痛に吐き気が一向に収まらず、再度病院に行ったところ、救急搬送されたときにはなかったはずの、ごく少量の脳内出血が出ていたことがわかった。

診断結果は、「軽い『外傷性くも膜下出血』、『両側前頭葉脳挫傷』。これによって倒れたのではなく、倒れたために頭を打って、こういう出血がおこったようです」とのこと。倒れた原因については、「断定はできないのですが、『迷走神経反射』ではないかと思われています。特に持病もない人でも、何かのきっかっけで起こるめまいの症状だそうです。普段お酒は飲めないのですが、梅酒を2~3cm飲んだため、ちょっと気持ち悪かったそうです。そしてトイレに行った後に倒れましたので、たぶんそうだと」と説明している。

脳内の出血は、これ以上出血しなければ問題はないので、手術は受けない。とはいっても入院は必要らしく、「ただ食欲が全くなく、水分すら吐いてしまいますので、点滴が必要で、安静にしていた方がいいので 結局、今夜入院することにしました。出血が広がらないか様子を見るためと『迷走神経反射』以外の倒れる原因はないかの検査のための入院です。1週間くらいの予定です」と伝えている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ