ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。3月19日の放送では、タレントの春香クリスティーンが登場しました。

★GYAO! にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>



サムネイル
春香クリスティーン/Haruka Christine, Jan 18, 2016 : 東京都内で行われた映画「ブラック・スキャンダル」の特別試写会
写真:MANTAN/アフロ


■番組収録前に「怖いメール」を送りつける春香

バラエティだけではなく、ニュース・情報番組などにもレギュラー出演している売れっ子・春香の反省は、そのテレビ出演に関すること。なんと「番組収録前に、不安のあまり怖いメールを送ってしまう」のだそう。「怖いメール」というのは、「パニック」「あたままわらない」「にげたい」など、収録前の緊張に耐えかねてマネジャーなど知り合いに送りつけているメールのことのようです。最大ではこれらの言葉を1分間に20通も送っていました。

■グルメ番組ではとくに緊張、博多大吉「優しい味と言っておけばいい」

スタジオのトークでも、MCでお笑い芸人の有吉弘行から「そんなイメージない」と言われますが、「バラエティの収録ってものすごく緊張する」と爽やかな笑顔で答える春香。とてもその裏側でパニックになっているようには見えません。

とくにグルメ番組では、きちんと気の利いたコメントができるのかと不安でいっぱいになるそうですが、見届け人でお笑い芸人の博多大吉からは「なんかあったら『優しい味』と言っておけばいい」、同じく見届け人でお笑いタレントの大久保佳代子からは、「長い棒状のものがあったらイヤらしく食べる」などのアドバイスをもらいます。揚げ句に見届け人でお笑い芸人のバカリズムからは「そんなにあなたに期待していないから大丈夫」と諭されていました。

■来日前はPCが友達、「ビル・ゲイツみたい」な写真も公開

なぜそんなにプレッシャーに思うのでしょうか。性格的に真面目ということはありますが、本人いわく「ハーフタレント特有の華やかさはないし、顔も下の下」だからだそうですが、「下の下」と発言したときに大久保の顔がクローズアップになり、スタジオが爆笑に包まれました。春香の来日前の写真も公開されましたが、メガネをかけてオタク度の高そうな風貌。有吉からは「ビル・ゲイツみたい」と言われていました。スイス時代はPCが友達だったそうで、あの笑顔から想像できないコミュニケーションの闇があるようです。

そんな春香への禊(みそぎ)は、「ある人から毎日『怖いメール』が届く」というもの。実際にそんなメールを送られるとどう思うのか。その気持ちを味わってもらいます。この模様も放送されます。なかなかぐったりした様子の春香が見られます。

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ