ここから本文です

女子高生起業家、椎木里佳が3月24日に都内で行われた『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』トークイベントに来場。作品の魅力についてと共に、同作のPRプランについて社長である彼女の視点から提案もしました。この日はトークのパートナーとして映画ライターのよしひろまさみちが登壇。異業種同士の2人のトークが、楽しく繰り広げられました。

サムネイル

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』イベントに登壇、よしひろまさみちと椎木里佳


バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 特集 特別予告>>


 バットマンとスーパーマンという全世界で人気を誇る二大ヒーローの対決が話題を集める同作。前日に映画を観たばかりだという椎木は「ぶっちゃけ今まで『バットマン』とか『スーパーマン』などを観たことがなかったんですよ!昨日も(『バットマン』シリーズの1本である『ダークナイト ライジング』のことを)『ダークナイト ライジングサン』とか言ってしまい。スタッフの方からサンはいらないですと言われてしまうくらい知らなかった!」と茶目っけたっぷりにコメントするも、「でも実際に昨日、映画を観てみてすっごく面白かった。スーパーマンの上半身裸のシーンが多く、筋肉に目が釘付けになりました。水泳部の逆三角形のようなスタイルで、肩幅が広いのがかっこいい!女性にはない、男性特有の男らしさを感じましたよ。」と彼女の素顔が垣間見えるコメントをくれました。

 女の子のためのマーケティング会社、株式会社AMFの社長である椎木に映画についての魅力を語ってもらうと共に、彼女ならではの斬新な切り口で同作の宣伝プランを提案してもらう、というテーマで行われたこの日のイベント。まずは本作の予告編について、「そもそもわたしはスーパーマンが宇宙人だなんて知らなかった。むしろバットマンの方が宇宙人だと思っていたくらいだから、そういったことをきちんと説明した方がいいと思う。そのためにこの映画の3分くらいの面白いパロディー動画を作れば、SNSで拡散しやすいんじゃないでしょうか」とアドバイス。

サムネイル
女子高生起業家、椎木里佳


 さらに同作の認知度向上のために、コスプレ大会などのリアルイベントをやったらどうか、といった提案も付け加えました。「最近はランニングイベントが人気なんで、ガチのファンの方だけでなく、ハロウィーンとかで仮装するようなライト層を呼んできて『バットマン vs スーパーマンラン』みたいな感じのイベントをやればいいと思います!そこではきっとみんながセルフィーを撮ると思うので、そうすればいろいろなところに拡散して、認知度がアップすると思いますよ。」と切り出すと、「もしわたしがこの映画のプロモーションをやるとしたら、さっき言ったように予告編を別に作ります。その予告編はパロディー調にして、そして芸人さんをアンバサダーにします。それからランニングイベントを開いて、SNSで拡散する、という流れになります」と一気に彼女の中で作り上げた効果的なプランを、社長らしく語りました。

サムネイル
女子高生起業家、椎木里佳


 よしひろは、リアルイベントとSNSを併用した椎木の宣伝プランに、「さすがですね!」と感心した様子。それに対して椎木は「若い子の気持ちが分からないと言っている映画業界の方はけっこういますね。例えばどういうフィーリングでスマホを使うのか、学校でどんな会話をするのか、といったことも聞かれます。普段、若い人が何を考えているのか分からないからということで、学園ものの映画なんかで脚本協力をすることもありました」とすでに映画業界での仕事のオファーも受けている多才っぷりを発表したのでした。

サムネイル
女子高生起業家、椎木里佳


 そして最後に椎木は、「男子が観に行く映画だと思われるけど、実際は女子でも受け入れられる映画。手に汗握るアクションシーンもたくさんあるので、ぜひ観てもらいたいですね。今までこのシリーズを観ていなくて損したなと思いました!」と映画についてコメントして、本イベントを締めくくった。

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 特集 特別映像「戦いの始まり」>>


バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 特集 特別映像「なぜ2人は戦うのか...」>>


バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生 特集 特別映像「究極のバトル」>>



Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ