ここから本文です

累計発行部数1500万部を突破するなど、絶大な人気を誇りつつも、これまで実写化不可能と言われてきた人気コミック「テラフォーマーズ」(原作:貴家悠、作画:橘賢一)がまさかの完全実写映画化。日本映画初のアイスランドロケを敢行するなど、圧倒的なスケールで放つビッグプロジェクトが映画『テラフォーマーズ』だ。メガホンをとったのは、リミッターを振り切った作品を発表し続け、世界を挑発し続ける奇才、三池崇史監督。そしてこの無謀なプロジェクトに、伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら超豪華キャストが集結した。人類史上最悪の敵テラフォーマーとの超絶バトルを繰り広げる映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)を原作者の貴家悠はどう見たのか。本人に直撃した。

サムネイル

映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)原作者の貴家悠
(写真:トレンドニュース)


2巻無料はここだけ! さらに出演者に会えるチャンスも>>

凶暴生物が武井咲を一撃で...衝撃の特報>>



■映画版はまさに『テラフォーマーズ』そのもの

――実写化不可能と言われた「テラフォーマーズ」がまさかの映画化となったわけですが。

貴家「僕もまさかと思いました。マンガを描き続け、走り続けているうちにいつの間にやら、こんなことになってしまいました」

――実際に完成した映画をご覧になっていかがでしたか?

貴家「まさに『テラフォーマーズ』そのものという感じでしたね。もちろん映画とマンガではいろいろと演出も違いますから、それぞれに違いがあると思うんですが、根っこの部分はしっかりと『テラフォーマーズ』だった。この作品の根っこが何なのか分かっている人が作った作品だなと思えたのがうれしかったし、最初から最後までテンポも良かった。観ていて熱くなりましたね」

サムネイル
映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)


――貴家先生が思う『テラフォーマーズ』らしさとは?

貴家「イジイジしないことです! あと、あまりイチャイチャしない(笑)。映画でもイチャイチャしていませんでした。最高です!」

――先生から見ても原作ファンの人たちにおすすめできる作品になったと。

貴家「もちろんです。例えば納豆ご飯が大好きなのに、映画化されたらカレーライスになってしまった、みたいなことに、みんな何回も傷ついてきたわけじゃないですか。ファンの皆さんは二度と立ち上がれないような気持ちで、それでもわらにもすがるような気持ちで『テラフォーマーズ』を見に来ると思うんですよ。でも今回は"納豆五穀ご飯"になっていますよと言いたいです。カレーにはなっていません! 映画が得意な人で、かつ『テラフォーマーズ』が好きな人が思いきりやったという感じだったので。あらためて三池監督にやってもらって本当に良かったなと思いました」

サムネイル
映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)


――今回の映画版は単行本の第1巻のエピソードが中心だったと思うのですが、その決定については?

貴家「もともと『テラフォーマーズ』は1巻に掲載されている6話だけで終わる予定だったんです。ちょうど『ハリウッド映画脚本術』的な本をちょっとだけ参考にして書き上げたので、映画にしやすい作りにはなっていたんです。だから映画にするならここだろうなという気はしていました」

――逆にこの映画版から、刺激を受けたところはありますか?

貴家「パワーですね。イチャイチャしない。クヨクヨしない。前を向いて俺がやる。その精神ですね。2時間、ほぼその精神だけできている映画じゃないですか。その気持ちを忘れちゃいけないなと思いました」

(同席していた編集)担当「だいたいこういう映画って、怖い、逃げだしたい、というシーンが10分くらいはあるものなんですが、この映画に関してはそういうシーンが体感的には30秒しかないですからね」

貴家「そうあるべきなんですよ。この映画は最後に唐突にチューもしないし。100点です!」

サムネイル
映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)


■アイデアは本をたくさん読み、たくさん走って、たくさん寝てひねり出す

――『テラフォーマーズ』にはスピンオフの小説やコミックがたくさんありますが、あれはどれくらい監修されるのですか?

貴家「スピンオフは、基本的にネームの時点で観ています。ただし、あまりガチガチにチェックをすることはありません。むしろスピンオフをやるからには、きっちりとその人の作品にしてほしいなと思ってて。そこから、僕のマンガではファンにならなかったかもしれない人が、そこを通じて興味を持ってくれたらうれしいですから。そういう意味で、『テラフォーマーズ』の世界を広げるために、スピンオフから本編への逆輸入ということもやっています。ただ、この間、数えたら本編が16巻までしか出ていないのに、スピンオフが12冊ぐらいあった(笑)」

担当「再来月くらいには本編を超える予定です(笑)」

――スピンオフが充実しているということは、それだけキャラクターが魅力的なんだということだと思います。単行本にはそれぞれのキャラクターの履歴書が掲載されていますが、あれはどれぐらい考えるものなんですか?

貴家「キャラクターを出す時にはあまり考えていないことが多くて。戦っている最中の物語を考えている時にふと、そのキャラクターのことが分かる瞬間があるんです。お前、そういうやつだったのかとか、お前は意外にいいやつだったんだなとか。そういう瞬間が好きですね。そのキャラと対話しているうちに、だんだん過去とかが浮かびあがるということです」

――原作者として、貴家先生はどのように作業を進めているんですか?

貴家「ネームという、マンガの下地のようなものをまず描くわけです。要は、僕が普通のノートに鉛筆で下手くそなマンガを書いて、それを橘先生が上手に描いてくれると。基本的にはそういう感じです。たまに僕のことを『テラフォーマーズ』の作画をしている人だと思われて、絵を描いてくださいと言われるのがすごく困るんです。その時は絵が下手ですけどいいですか? と聞いたりします」

サムネイル
映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)


――アイデアの捻出方法は?

貴家「本をたくさん読んで、たくさん走って、たくさん寝ることですね」

――ジャンルを問わず、いろいろな出典元からアイデアを生み出しているように感じるのですが。

貴家「基本的に雑食なんですよ。だから生物学だけじゃなく、いろいろと面白そうな本があれば読みます。『へぇ、面白いな』と思ったら、自分の中でかっこいいナレーションが浮かんでくるんです。そういう風にしてアイデアをひねり出しています」

――どれぐらい本を読んでいるんですか?

貴家「まちまちですね。忙しくて全然読めない期間もありますし。調べたいことに関連した本を一気に何冊も読むこともありますし。何冊読めば『テラフォーマーズ』ができるよというものはありません。体調とも関わってきますからね」

サムネイル
映画版『テラフォーマーズ』(4月29日公開)


――そもそもなぜあの昆虫が人型になったんですか?

貴家「人型にしようというのは最初から決まっていたんですけど、どういう形にするのが良いのか、については橘先生が中心になって考えたものです。プロトタイプはいろいろあって。最初は背が低くて顔がでかいとか、顔が長いとかいろいろあったんです。でも、一瞬でかい人間のように思わせつつも、よく見ると人間じゃない、という怖さはやっぱり狙いましたね。そこは試行錯誤して頑張りました」

――進化した昆虫と人間が戦うという物語を思いついた時に、イケると思ったのでは?

貴家「これで1話分は描けるなとは思いました。けれどもまさかこんなにイケるとは......、というのは冗談ですが。20代男性には絶大なる支持を集めましたね」

――女性ファンは増えたんですか?

担当「徐々にですが、増えていますね」

貴家「女性が見てもきっと面白いと思うんですけどね......」

――最後に座右の銘を教えてください。

貴家「『健全な魂は健全な肉体に宿る』です。体を動かすことにはこだわりもありますし、そうしたいと思っています。描く本人がいつまでも前向きで、若々しく戦う気持ちを持っていないと、作家は続けられないなと思っています。『健全な作品は健全な精神から生まれる』と常に思っています」


貴家悠(さすが ゆう)
1988年生まれ。2011年より「ミラクルジャンプ」(集英社)創刊号で「テラフォーマーズ」連載をスタートし、鮮烈なデビューを果たす。単行本は16巻まで発行され、累計発行部数1,400万部を突破している。2013年版「このマンガがすごい!」オトコ編で第1位、「全国書店員が選んだおすすめコミック 2013」で第2位を獲得した。

(取材・文/壬生智裕)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ