ここから本文です

人気予備校講師・林修先生のモノマネで知られる芸人・むらせ。昨年末に出演したバラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時」(日本テレビ系)での"ニセSMAP"でのキムタク役でも注目を集めた彼は、最近ジャニーズのモノマネにハマっているらしい。SMAPのいちファンでもあると言うむらせに、本人との交流エピソードや解散騒動について語ってもらった。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 むらせ)


■ジャニーズのモノマネにハマってます!

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 松岡昌宏のモノマネをする、むらせ)


「僕がモノマネをやりはじめたのは学生のときです。授業中にモノマネをしたらクラスメイトがみんな僕に注目して先生の話を聞かなくなったんですよ。先生には『授業にならない』と怒られましたけど、みんなの反応がうれしかったのはよく覚えています。今、僕がモノマネをするときに自分で決めているルールみたいなものがあるんですが、それは『他の人がすでにマネしている人はなるべくやらない』こと。ただ、木村拓哉さんに限っては僕が大好きなのでやっちゃってます(笑)。そのかわりホリさんがやってる『ちょ、待てよ』は言わないように意識しているんです。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 松岡昌宏のモノマネをする、むらせ)


モノマネのレパートリーは全部で50~60くらい。中でも僕の中でのベスト5はTOKIOの松岡昌宏さん、林修先生、SMAPの木村拓哉さん、関ジャニ∞の横山裕さん、東山紀之さんの5人です。最近はジャニーズのモノマネにハマっているのでジャニーズが多めですね(笑)。この中にはご本人に直接お会いさせてもらったり公認していただいたりしているものもあって、TOKIOの松岡さんとは昨年末にお会いして目の前でモノマネをやらせていただきました。松岡さんのマネは、ガニ股でちょっとヤンチャっぽい座り方をして、語尾に『よね』ってつけるしゃべり方をするんです。『暑いよね! すごいよね! やばいよね!』みたいな。そのときも松岡さんの目の前でいきなり眼鏡をかけて『暑いね! やばいね!』とやったんですが、松岡さんが『ちょっと眼鏡見せて』っておっしゃったんです。そうしたら、『これで俺のモノマネやってんの? じゃあ今後俺のモノマネするならこれ使いなよ』と、自分がかけている眼鏡をくれたんです。すごく格好いい!と思いましたね。ちなみに松岡さんは僕がかけていた、100均で買った眼鏡を持って帰られました(笑)」

■SMAP解散騒動は本当にショックでした

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 横山裕のモノマネをする、むらせ)


「他にも林先生には公認していただいたり、横山くんにも認知していただいたりしているんですが、まだ木村拓哉さんからはリアクションをもらえていません...。木村さんのモノマネは、声はすぐにマネられたんですが、癖を探すのに3~4年かかりました。木村さんは鼻をすすりながらしゃべることが多いのと、よく『で』って使うんですよ。例えば『ビストロスマップ』で料理の味付けについて説明するとき。『ラーメンには俺塩じゃなくてゆずこしょうを入れるんですよ。で! で! で! ここにすだちを......』といった感じに。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 横山裕のモノマネをする、むらせ)


僕の姉がずっとSMAPさんのファンで、その影響で僕も小さい頃から一緒に見ていました。芸能界で一番好きなのがSMAPさん。木村さんが出ている作品はほとんど見ています。だから解散騒動が出たときは本当にショックで...。自分のモノマネ芸とは関係なく、いちファンとしてすごくショックを受けました。『えーっ!』『やめて! やめて! 解散しないで!』って叫びましたね」

■原口あきまさを倒したい!

「尊敬する先輩モノマネ芸人は何人もいるんですが、モノマネの世界に入ろうと思ったきっかけは山本高広さんです。学生のときに見ていたのはコージー冨田さんと原口あきまささん。よくふたりのやるモノマネのモノマネをやっていました。モノマネ芸人の世界には、やっぱりコロッケさんが君臨していて、次にコージーさん、原口さん、ホリさん、山本さんが続いているイメージだと思うんですが、僕はその中で一番のモノマネ芸人は原口さんだと思うんです。だから今後モノマネをやっていく中で、目標はその原口さんを倒すことです。倒すというのは、具体的にはモノマネグランプリで勝つことと、コロッケさんが原口さんを見るように原口さんからも見られたい、認められたい。いずれはこうして今僕が名前を挙げたように、こういう場面で名前を挙げていただけるような存在になりたいです」

次々に新しいモノマネを開拓し、さまざまな有名人から公認されている、むらせ。モノマネ界のネクストブレイクの筆頭かも......。

◆むらせ
1986年5月11日生まれ。岐阜県出身。中学時代に先生のモノマネをはじめ、その後山本高広に憧れ芸能界入り。レパートリーは「TOKIOの松岡昌宏の椅子の座り方」「木村拓哉のゴミの捨て方」「横山裕のワイプでのうつろ目な顔」など。座右の銘は「思い立ったらすぐマネる」。

(取材・文/木村彩乃@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> むらせが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

ビストロで料理をアレンジする時の木村拓哉 ぶるぺん(00:01:57)>>


東山紀之の番組での凄すぎるカメラ目線 ぶるぺん(00:01:04)>>


モノマネ芸人たちのモノマネの幅の広げ方 ぶるぺん(00:03:13)>>


その他の出演番組>>
・モノマネはファンと本人の協力で出来ている
・モノマネ芸人へのTOKIO松岡の神対応
・モノマネ芸人のいじめからの脱却方法

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ