ここから本文です

タレントの岡本夏生が、火曜レギュラーを担当していたTOKYO MX「5時に夢中!」を電撃降板した。岡本自身はその理由を「インフルエンザの病み上がりの状態で番組に出演したことで、関係者に迷惑をかけた」と説明していたが、あまりに突然な発表、そしてブログでの意味深長な発言から、さまざまな憶測が飛び交っている。

サムネイル

岡本夏生/Natsuki Okamoto, Jul 01, 2012 : WOWOWのイベントに登場した岡本夏生さん=2012年7月1日撮影
写真:MANTAN/アフロ


岡本は2011年10月より同番組のレギュラーを担当し、誰に対しても遠慮はしない辛口コメントや、枕営業などに関するぶっちゃけ発言、一時期は毎週披露していた奇抜なコスプレなどで注目を集め、番組を代表するコメンテーターだった。

しかし3月29日放送の番組エンディングで、岡本は「実は今日が『5時に夢中!』最後なんです」と降板を電撃発表。降板が決定した理由のひとつとして、自身がインフルエンザの病み上がりだった3月8日に診断書も持たずに番組に出演してしまったことを挙げた。そして同日のゲストコメンテーターだったタレントの佐々木健介を始めとした共演者、スタッフに心配をかけてしまったと謝罪し、「深く反省して今日限りで番組を降りることになりました。今までありがとうございました」と語った。ただ医師からは3月8日からの勤務は可能と診断されていたとして、周囲への感染の危険性はなかったことを補足した。

確かに佐々木の妻であるタレントの北斗晶は乳がん闘病中であるため、一部視聴者からは、同日の共演によって佐々木・北斗家にウイルスが持ち込まれてしまうのではないかと岡本に対する批判が上がっていた。とはいってもやはり「病み上がりの出演で迷惑をかけたから」という理由は他で聞いたことがなく、納得しきれない視聴者も多い様子だ。

岡本が発表の際に「辞める理由の"ひとつ"」と発言していたことや、また番組放送前の3月29日朝にブログに「真実は、一つしか、ないのだよ まっ、オカルト夏生は、巳年 恐ろしく執念深いからねぇ~いつまでも、あると思うな親と、金と、レギュラー番組だっちゅーの 人生なんていつだって一寸先は闇ズラよ 経験者は、しみじみ、語る」(原文ママ)と意味深長につづっていたこと、また4年間にわたって「5時に夢中!」で共演してきた北斗が闘病生活に入るため番組を降板した際に「また、いつの日か皆さんの前に、2人の息の合った掛け合いを見ていただけると信じて、きっと、その日が来ることを信じて、北斗さんのいない間、留守番頑張ります」と宣言していたことから、ネット上では"真の降板理由"があるのではないかとさまざまな憶測が広がっており、

1月の放送で『あちこちから訴えられている』とぶっちゃけていたが、それが関係しているのではないか」
「歯に衣着せぬコメントのいずれかが何か大きなトラブルを招いたのではないか」

などうわさされている。

真実は不明だが、3月3日発表の番組からのリリースでは、4月からも「曜日別レギュラーコメンテーターは続投」とされており、少なくとも急な決定だったことに間違いはないようだ。人気コメンテーターの電撃降板は、視聴者に衝撃を与えている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ