ここから本文です

歌手の宇多田ヒカルが、約6年間の活動休止期間を経て、ついに音楽活動を再始動する。新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」がともに4月4日に初披露される。

サムネイル

新曲「花束を君に」と「真夏の通り雨」がともに4月4日に初披露


宇多田ヒカル「NEW-TURN PROJECT」再生数に応じて被災地へ寄付>>

宇多田ヒカル 「Automatic」ほかヒット曲を一挙に配信>>

宇多田ヒカルは2010年8月、「"人間活動"に専念する」としてアーティスト活動の一時休止を発表した。それから今年2016年までの間に、イタリア人男性との再婚、第1子男児の出産といった私生活での大きな出来事を経て、ついに本日4月4日より音楽活動を再始動するに至った。

同日スタートするNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」と、日本テレビ「NEWS ZERO」の新テーマ曲である「真夏の通り雨」は、どちらも宇多田ヒカルが担当したもの。2曲とも4月4日に両番組で初披露され、またそちらをもって宇多田ヒカルの音楽活動の再始動とする。両楽曲ともレコーディングが行われたのは今年で、ミックスエンジニアには昨年度グラミー賞4部門、今年度アカデミー賞最優秀歌曲賞を受賞したサム・スミスを手がけたことで知られるスティーブン・フィッツモーリスを迎え、初タッグを組んだ。両楽曲は4月15日より配信開始され、さらに同日にMVも公式サイトおよび動画サイト「GYAO!」で公開予定。

また4月4日には公式サイトで他に、写真家の石川竜一による新たなアーティスト写真も公開される。そちらの写真は同日発売の雑誌『ぴあMUSIC COMPLEX Vol.4』に、石川のインタビューとともに裏表紙+16ページの大ボリュームで掲載される。

宇多田ヒカルの活動休止直前ライブ映像>>

宇多田ヒカル15歳当時の写真撮影風景>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ