ここから本文です

女優の藤原紀香が、歌舞伎俳優の片岡愛之助との結婚をめぐる報道にチクリ。とくに結婚会見の際に自身が演技していたとするような報道には、ショックのあまり涙したことを告白した。

サムネイル

片岡愛之助/Ainosuke Kataoka and 藤原紀香(右)/Norika Fujiwara, Mar 31, 2016 : Tokyo, Japan : Japanese Kabuki actor Kataoka Ainosuke VI(L) and actress Norika Fujiwara attend a press conference in Tokyo, Japan on March 31, 2016.
写真:アフロ


名の知られた歌舞伎俳優と女優の組み合わせといったこともあり、今回の結婚は、世間の注目を大きく集めた。藤原は4月5日にブログで、「勝手な憶測で、数字を取るため、部数を稼ぐため好き放題に報道しているところもありますが(笑)全く気にしません」とふたりの結婚を取り巻く一部報道をチクリと刺した。

なかでもフジテレビ系「Mr.サンデー」はショックな内容だったらしい。4月3日放送の同番組では、表情分析のスペシャリストが、結婚会見時の藤原の表情を解析していたが、藤原は番組内容に「会見の時、瞬きが多かったので紀香さんの言葉は演技です、科学的に分析しました!などと言われていて、人としてこれは、涙が出ました」と悲しみを示す。「仕事ではありませんので、普通の会見よりそりゃあ正直、緊張しましたよ。頼もしく横で落ち着いている彼にいつも以上に尊敬の念を抱くほどに。緊張感が高まると、昔からかなりの関西弁が出てしまうのですが、あとから見ると本当にそうでした(笑) そんな緊張の中、これまで皆様にお伝えできなかった気持ちやすべてを心から話しました。それを演技=嘘で言っていると、勝手な憶測を全国放送されたこと、両親もとても傷ついていました」と反論した。

ただ藤原は「歌舞伎界の方、芸能界の方などなど、いろんな先輩に教わりました 『いろんなこと言われると思うけれど、悪口は、右から左へ~笑顔で流していればいいですよ』と 笑門福来ですね ありがとうございます」と続けて、報道に大人な態度を示している。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ