ここから本文です

人気アイドルグループAKB48の高橋みなみが8日、秋葉原のAKB48劇場で行われた『高橋みなみ卒業特別記念公演~10年の軌跡~』終了後に囲み取材に応じ、10年以上にわたって在籍した、グループへの熱い思いを語った。


サムネイル


高橋みなみ感動の卒業コンサート全編、プレミアムGYAO!で期間限定独占配信中>>


4月8日。25歳の誕生日と合わせて行われた卒業公演では89名のメンバーたちに見送られた高橋。自分の原点とも言うべきAKB48劇場での公演を終え、「劇場に立つとどうしても10年前に戻ってしまう。ホームとも言うべき場所に公演という形では帰れなくなるんだなと思ったらさみしさを感じました」としみじみ。


サムネイル


この10年で「遊び心を持てるようになりましたね」と振り返る高橋は、「舞台に立つということは生ものだから真剣に立ち向かわないといけないと思っていた。だから遊び心を持てなかったんですが、3年くらい前からもっと楽しくやってもいいんじゃないかと思うようになったんです」と成長を実感している様子。「劇場はホームであり、学校。学校生活で学べないことを学びましたし、青春のすべてがそこにあったと思います」と晴れやかな顔を見せた。


サムネイル


メンバーに対しては「最後にありがとうと言ったのが唯一だった」という。「伝えるべきことは、1年の猶予の中で自分なりに伝えられたかなと思うし。だから今日はあえて何も言わなかった」と晴れやかな顔を見せつつも、「心残りは小嶋(陽菜)と峯岸(みなみ)を残して卒業すること。峰岸は坊主になったりと、何が起こるか分からないですからね。小嶋さんは卒業するする詐欺だし。キャラの強い2人が残った」と笑ってみせた。


サムネイル


そして最後に「あれだけ人数がいる中で、わたしを選んでくださったファンの皆さまありがとうございます」と謝辞を述べると、「10年いて、死ぬほど忙しい時期があったんですよ。その時に忙しすぎて感謝を忘れてしまったことを悔やんでいたこともあったんです。当たり前に仕事があると思っちゃいけないなと、25歳になってあらためて思いました。AKB48の後輩にはたくさんの方に感謝をして頑張っていって欲しいなと思いますし、きっとこれから後輩たちは頑張ってくれると思うので、ぜひ48グループの応援をよろしくお願いします。本当に10年間、ありがとうございました」と深くお辞儀をすると、最後はあふれる思いをこらえきれずに涙を浮かべた。


AKB48劇場に飾られた自分の写真を外したばかりのだが、「10年目の真実だったんですけど、写真ってフックにかかっているのかと思ったらマジックテープだったんで、ビックリした」と笑う。その写真については「遺影みたいだな」と思ったといい、「自分のチームから顔が抜ける瞬間は、たかみなが死んだと。1回終わったなと思いました」と振り返った。


高橋みなみ感動の卒業コンサート全編、プレミアムGYAO!で期間限定独占配信中>>


(取材・文・写真/壬生智裕)


前田敦子と高橋みなみが涙の熱唱「思い出のほとんど」(高橋みなみ卒業コンサート ver.)>>


Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ