ここから本文です

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、熊本県での最大震度7を観測する地震発生を受けて、自身のブログのコメント欄を"伝言板"として開放した。

サムネイル

市川海老蔵/Ebizo Ichikawa, Oct 09, 2015 : 「日本忍者協議会」の発足記者発表会=2015年10月9日撮影
写真:MANTAN/アフロ


熊本県では4月14日21時26分ごろ、最大震度7の地震が発生し、その後も余震が続いている。海老蔵は翌15日朝、「急遽 地震でつながらない方!伝言板に使ってください!!」とブログを更新。「この投稿を、電話つながらないとか連絡つかない方ご利用ください。よろしくお願いします。微力ですが、私に今できる事これくらいです」として、当該ブログエントリのコメント欄を安否確認のための連絡の場として提供した。

コメント欄には、

「真っ先に伝言板としてお使いくださいと書けるお姿に、素敵だなと思いました」
「海老様のお気遣い涙が出る程うれしく感じ入りました」
「コメ欄の開示、ナイスアイデアです!」

といった海老蔵をたたえる声とともに、「~市の○○さん連絡ください」のようなコメントや、「画図町の被害状況ご存知の方お知らせいただけると助かります」と情報提供を求めるコメント、「熊本の中でも震源から近くに住んでいます。朝になっても強い余震が何度も続いています。本当に怖いです」と被災地の状況を伝えるコメントなどが続々と寄せられている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ