ここから本文です

元AKB48の宮澤佐江が、「タイミングの悪いツイート」をしてしまったとして謝罪した。宮澤は熊本県内で最大震度7を観測する地震が発生した直後に、観劇した舞台の感想をTwitterに投稿しており、「不謹慎やな!」「それどころじゃないよ!!」といった批判が寄せられていた。

サムネイル

宮澤佐江/Sae Miyazawa(SKE48/SNH48), Jan 30, 2016 : 横浜市内で行われたオムニバス映画「9つの窓」の舞台あいさつ
写真:MANTAN/アフロ


熊本県では4月14日21時26分ごろ、最大震度7の強い地震が発生した。宮澤はちょうどそのころ、東京・日比谷のシアタークリエで舞台『エドウィン・ドルードの謎』を観劇していたらしい。そのため同日22時過ぎ、「新感覚のミュージカルですっごく面白かったです」と楽しげにTwitterに舞台の感想を投稿した。

しかし当該ツイートに対して、一部からは

「不謹慎やな!地震起きてるんやぞ」
「佐江ちゃん、ごめん!!それどころじゃないよ!!」
「今地震で大変な時に・・。こんなツイート・・・」
「タイミング考えたほうがいいよ」

といった批判も寄せられた。

宮澤は数時間後にTwitterで、「熊本、九州にお住いの皆様大丈夫でしょうか。。被害に遭われた皆様が安全に避難出来ることを願うことしか出来ずごめんなさい。まだ続いている余震にも大変気を付けて下さいね!」と被災地を気遣った。そして「舞台観劇後に今回の地震の事を知り、とてもタイミングの悪いツイートをしてしまい大変申し訳ありませんでした」と問題となったツイート投稿時は地震についてまだ把握していなかったことを釈明するとともに謝罪した。ファンからは

「観劇中は携帯の電源オフにしてるだろうし情報も入ってくるのが遅れるだろうから仕方ないし謝ることないよ」
「怖い中、佐江ちゃんの何気ないツイートが元気をくれました。ほんとにありがとう。」
「普通の人なら、昨日のツイート読んだらまだ気づいてないんだなーって分かるから大丈夫だよ!」

と擁護するリプライが寄せられている。

なお災害発生時に被災地にどこまで配慮して生活するべきかという問題については、ネット上を中心にたびたび議論が巻き起こっており、「被災地以外も飲み会などのイベントを中止するべきだ」「平和な日常ツイートをするべきでない」といった過剰な配慮の押し付けを揶揄(やゆ)する"不謹慎厨"というネットスラングもある。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ