ここから本文です

モデルでタレントのダレノガレ明美が、自身がTwitterで発信している災害関連情報に対して、「指で操作するだけじゃなくてなんか行動すればいいのに」と批判を受けたことを明かした。

サムネイル

ダレノガレ明美/Akemi Darenogare, Mar 14, 2016 : 東京・六本木ヒルズで開催された元サッカー日本代表の中田英寿さんが初めてプロデュースするファッションブランド「AXE BLACK LABEL」のお披露目イベント
写真:MANTAN/アフロ


熊本県を中心に地震が相次ぐなか、ダレノガレはTwitterで、災害時の公衆電話の使用方法や簡易トイレの作り方、給水ポイントの場所など、自身が調べた情報を熱心に発信している。ただSNS上での情報発信という支援の形に批判もあったらしい。ダレノガレは4月18日、「ダレノガレの震災関連のリツイート凄いんだけどさ、指で操作するだけじゃなくてなんか行動すればいいのに。っというコメントを読みました」と報告した。ただダレノガレ本人も現地に行きたい気持ちはあるらしく、「熊本に行きたくても、問い合わせをしたところ今は立ち入ることができません!っと言われました。なので記事を載せる事しかできません。すみません」と釈明した。

ファンからは

「熊本県人としては、とてもとても助かる情報ばかりなんです 情報だけでもありがたいんです」
「いろいろ言われても心を強く持って被災地の為に発信し続けるダレノガレさん尊敬します!」
「すごく助かっている情報ばかりです 現地に来てもらって怪我されたり怖い思いされるより情報が入る場所で情報を流してくださる方が嬉しく思います!!」

といったリプライが寄せられており、情報発信も立派な支援だと称賛されている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ