ここから本文です

2月27日に放送された人気バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」に出演、体を反らせながら「ポールマッカートニー!」と叫ぶボケ担当マサルコのギャグは、"ゲイ"という個性的なキャラも相まって、お茶の間に強烈な印象を残した。ゲイのマサルコ、ノンケのヤマトというふたりが組むギガスラッシュ!!は、この3月にNSC東京(吉本興業のお笑い養成所)を首席で卒業したばかりという、お笑い界注目のルーキー。5月14日には早くも単独ライブを実現させるなど、破竹の勢いで露出を増やしている。今回はそんな彼らに初インタビューを敢行。その素顔に迫った。

サムネイル

お笑いコンビ・ギガスラッシュ!! ノンケのヤマト(左)ゲイのマサルコ(右)


――「めちゃイケ」をきっかけにギガスラッシュ!!を知ったという人も多かったと思います。出演後の反響はいかがでした?

マサルコ「Twitterのフォロワーが一気にすごい勢いで増えたんです。最初は400人しかいなかったのが、「めちゃイケ」に出た直後は4,000人を超え、最終的に6,000人になりました。あたしだんだん怖くなってきて、そのとき家のカーテンを思わず閉めちゃいました。もう普通に生活できないんじゃないかと思ってしまって。芸人をずっと目指してきたわけなんで、今、考えたらおかしな話なんですけど」

ヤマト「これがテレビというものかと思いました。僕なんて5秒くらいしか映っていないのに、フォロワーが1,000に増えましたからね。映った時間から考えたら伸び率、俺の方がすごいんじゃないかと思っています(笑)」

サムネイル
あいさつがわりの「ギガスラッシュ!!」


――この3月にNSCを卒業したばかりということですが、どういう経緯でコンビを組んだのですか?

マサルコ「もともとNSCには一人で入ってくる子が多いんで、授業の一環として『相方探しの会』というのが開催されるんです。練習場みたいなところに集まって、みんなの前で一人ずつアピールして、コンビを組みたいと思った人が手を挙げるんです」

ヤマト「2日目にはすでに相方が決まっている人も結構多くなっていて、ちょっぴり焦っていました。だから「前に出てアピールしたいやつはいるか?」と言われた時に、すぐに手を挙げました。そうしたら組みたいと言ってくれる人が8人くらいいて、その中にマサルコがいたんです」

――ヤマトさんの何が良かったんですか?

マサルコ「あたし、コンビを組むなら絶対に経験者がいいと思っていたんです。この子は(お笑い芸人が多く所属する事務所)人力舎の養成所にいたことがあったというんで、手をあげたんです」

――まるでお見合いパーティーみたいですね。

マサルコ「あたしたちは真剣なのに、上の人は皆、きっとあたしたちをもて遊んでるんだわ。ねるとんみたいに」

ヤマト「だからここに2人でおるんやないか。そういう場を作ってもらって感謝しています」

――お互いのいいところってどこですか?

ヤマト「やはり相性もありますし、笑いのレベルも高い。『ポールマッカートニー!』なんて僕が20年机に向かって考えても出てこないだろうなと思います。そういうところは尊敬します」

――マサルコさんが思うヤマトさんのいいところは?

マサルコ「カワイイところかな」

ヤマト「それだけかい!」

マサルコ「この子は本当に漫才が好きなんです。漫才以外のところは全部あたしに任せてくれる、そんな男気も好きです」

――NSC東京校の卒業ライブ「NSC大ライブTOKYO 2016」が今年の2月に行われ、そこを首席で卒業してからあっという間に話題を集めました。

ヤマト「そう、卒業したのが今年の3月」

マサルコ「やはりみんな首席になるためにずっと頑張ってきていますからね。卒業ライブの最後はネタの完成度をどれだけ高めるかに注力しました。それでも絶対に本番は緊張するから、やり飽きたネタを何度も練習して、恥ずかしげもなくハグして何回もヤマトと頑張ろうなと励まし合って。それでも本番はめっちゃ緊張して。でもこの時は一回も間違えずにできたんです。あたしはホンマに完璧主義者で。9のいいことより、1の悪いことが気になっちゃうタイプなんですけど、この日は本当に満足しましたね。90点はつけられます」

ヤマト「相方があんなに満足した顔を見せたのは初めてですね。こないだの『めちゃイケ』の収録だって、すごいウケたし、褒められたのに、帰りのバスの中で『65点』と暗い顔。知らんがなという感じです」

――5月14日には早くも、東京の神保町花月で単独ライブ「ギガ盛り」を行うそうですが。

サムネイル
お笑いコンビ・ギガスラッシュ!! ボケ担当 ゲイのマサルコ


マサルコ「あたし、最初に単独ライブをやろうと言われた時は怖くて思わず断ったんです」

ヤマト「そう、こいつ断りやがったんですよ(笑)。朝起きたら、『単独ライブが決まったよ。でも断ったよ。ちゃんと言っておいたから』と連絡があって。終わってから報告するんですよ。俺だってギガスラッシュ!!なんだから一言相談してくれとお願いしたんです」

マサルコ「あたしたち芸歴もまだ1年目だし、5月ということは、スケジュールもなくて、ネタを作る時間もない。それで断っちゃったんですけど、そうしたら『ありえへんで。俺らが仕事を選べる立場か』とヤマトに言われて。確かにそうだなと。事務所も『バックアップするし、大丈夫だからやろう』と言ってもらって。とっさに断って悪かったなと思って。『すみません、わたしが間違ってました。ぜひやらせてください』と言いました」

――言える範囲で。単独ライブはどんな感じに?

マサルコ「あたしはもともとアイドルになるのが夢で。小さい頃はモー娘。になりたかったんです。だからオープニングはダンスをやりたいなと思って。お客さんにペンライトを渡して、完璧に踊りたい。それを楽しみにしてもらいたいですね。それからトーク、あたしたちがあまりやらないコントも挑戦して、まさにギガ盛りです。オカマとノンケというあたしたちができる精いっぱいの本気を見に来てもらえたらと思います」

――今日はよしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」に出演して、30分まるまるフリートークをしてきたわけですが、感想はいかがですか?

サムネイル
よしもとの人気芸人が日替わりで登場する生トーク番組「よしログ」に出演


ヤマト「楽しかったですね。僕らに30分ももらえるんやという感謝の気持ちしかありません。トークの内容もしっかりと組み立てたのに、用意していたものがパッと飛んだりすると、あれを拾っとけば良かったなとか、いろいろと反省点も出てくるんで、めちゃくちゃ勉強になります。この30分でお笑い経験値が上がりましたね」

――2月に行われたNSC東京校の卒業ライブ「NSC大ライブTOKYO 2016」を首席で優勝し、「卒業後の4月に優先的に仕事が舞い込む」という特典が与えられたそうですが、相当忙しくなったんじゃないですか?

マサルコ「忙しくなりました。ライブやテレビ、学祭なんかにゲストで行かせてもらって」

ヤマト「雑誌のコラムも担当して。いろいろと経験させてもらっています」

――ヤマトさんはもうバイトを辞めたと聞きましたが。

サムネイル
お笑いコンビ・ギガスラッシュ!! ツッコミ担当 ノンケのヤマト


ヤマト「3月後半から忙しくなって、今はちょっとお休みをしています。店長からは「籍を外すか?」と言われているんですけど、人生そんなに甘くないですからね。籍だけ置かせてもらっていて、完全には辞めていないです」

――マサルコさんは?

マサルコ「あたしNSC所属していた時もバイトはしなかったんです。バイトをするくらいならお笑いのことを考えたいと思って。貯金を切り崩しながら暮らしていました」

――夢とバイトは両立しないという?

マサルコ「どうですかね? 実はわたし、昔一度、夢をあきらめたんです。NSCに入る前は自分でミックスバーを経営して、お金も稼いでいました。自分はしあわせなんだと言い聞かせてね。自分に言い訳をしながら生きてきたんですよ」

――昔の夢とは?

マサルコ「わたし、昔は自分で劇団を立ち上げて座長をしていたんです。自分で演出も振り付けもやって。あ、10年前だから6歳の頃の話ですよ(笑)。その後もいろいろあって。そこは端折(はしょ)りますけど、とにかくいろいろあって店を辞めたんです」

ヤマト「なんだか『金スマ』の空気になってきたな」

マサルコ「とにかくあたし、もう一回輝きたかったんです。だからいろいろと考えたんです。散々自分にウソついて生きてきて。今から上り詰めるなら何やと。芸人しかないと思ったんです。だったら吉本やと。一番つらいところに行ったろと思って。だからすごく気合が入りましたね。絶対にあたしは勝つんだと思って。だから相方選びもなあなあで仲良くやろうなんて思わなかった。真剣な子と組みたかったんです。結果的に真剣にやれて良かったですし、悔しい思いをしたのも無駄じゃなかったと思いました」

――ちなみにお店を経営していたのは何歳頃の話なんですか?

マサルコ「水商売を始めたのが10年くらい前だから、それも6歳の時ね(笑)。その時はすごく幸せなふりをして生きてきたんですけど、毎日のように輝いていた時の夢ばっかり見てて。でもそれももう無理。こんな人生イヤやと思って、経営していた店を辞めたんですよ。ハッキリ言ってその店、めっちゃ儲かっていたんですけどね。辞めた時に言われましたよ。『普通、商売って赤字で辞めるもんなんやで』と。でもあたし気付いたんです、お金って慰めにしかならないって。その時に初めて親に、ずっと後悔してたと打ち明けたんです。でも親は気付いていましたね。『見ていて痛々しかったけど、でもあんたに後悔してるんやろと言ったら、あんたが壊れてしまいそうやから言われへんかった。よく打ち明けてくれた、応援するよ』と言ってくれたんです」

ヤマト「何なの? このインタビュー(笑)」

マサルコ「あたし今、ちょっと感傷的になってるの。とにかくお金も節約すれば2、3年くらいはいけるんで、そこは貯金でなんとかしようと。だから次にあたしがお金を稼ぐ時は、芸事で稼いだお金で生きていこうと決めたんです」

――ギャラはもう入ってきているんですか?

マサルコ「少しずつ入ってきているんですけど、まだまだですね。『めちゃイケ』のギャラもまだ入っていないですし、いくらもらえるのかは分からないですけど、うちらはまだ1年目なんで、それほどは出ないんじゃないかと思います。それでもそれはとてもうれしいことなんで、そのギャラは大事に使おうと思っています」

「ヒゲ、短髪、マッチョ」がゲイにモテる理由 よしログ>>


お笑い"ゲイ"人が教える「この人もしかして...」と思われてしまう行動 よしログ>>


サムネイル
5月14日には早くも、東京の神保町花月で単独ライブ「ギガ盛り」を開催


◆ギガスラッシュ!!
ツッコミのヤマト(1990年9月18日生まれ/大阪府出身)とボケのマサルコ(2月11日生まれ/大阪府出身)からなるお笑いコンビ。2015年にNSC東京校21期生として入学。翌年2月に首席で卒業、フジテレビ系の人気バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」に出演した際は多くの注目を集めた。今後も首席卒業特典としたテレビ、舞台などの仕事が優先的に舞い込み、露出を増やしていく。

(取材・文/壬生智裕)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来 のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き 方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ