ここから本文です

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、自身が熊本地震の被災者に向けてブログのコメント欄を"伝言板"として開放したことに対する「アクセス稼ぎのためではないか」といった中傷に「残念です」とコメントした。

サムネイル

市川海老蔵/Ebizo Ichikawa, Oct 09, 2015 : 「日本忍者協議会」の発足記者発表会=2015年10月9日撮影
写真:MANTAN/アフロ


海老蔵は4月15日朝、「急遽 地震でつながらない方!伝言板に使ってください!!」とブログを更新した。当該ブログエントリーのコメント欄では、「~市の○○さん連絡ください」「画図町の被害状況ご存知の方お知らせいただけると助かります」など被災地に関する情報交換が行われている。

この行為は"神対応"と話題になり、2000件を超えるコメントが集まったが、ネット上では「自分のブログの閲覧数をアップさせれば収入になるもんな」と邪推する声もあったらしい。一部メディアは、そういった声を「神対応にもくすぶる"モヤッと感"」として伝えていた。

海老蔵は報道に対して、4月22日に「ちなみにアクセス数みてるのかしら、日常と変わってないのに、」と反論。「しかも緊急を要していたので、詐欺か...残念です」と嘆き、「私の方がはるかにモヤッとだよね笑 まぁそんなもんだよね最近の世の中、涙」とつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ