ここから本文です

歌手の瀬川瑛子が、楽曲「長崎の夜はむらさき」のヒットにより出身地を長崎だと詐称していたことを告白。「怒っている方はひっぱたいて」と謝罪した。

サムネイル

提供:アフロ


瀬川は4月25日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演し、デビュー50周年の間のさまざまなエピソードの真相を明かすという企画を行った。「初のヒット曲のために経歴詐称した」といううわさについて直撃されると、瀬川は「実は東京・渋谷の生まれなんです。長崎にキャンペーンで行ったときに歌いだすと『地元の歌手だぞ』『長崎出身で長崎歌ってるんだから応援しよう』と言ってもらった。『違うんです。申し訳ありません』って言えなくて......」と経歴詐称を認めた。

瀬川は「初めてのヒット曲なんであまりにうれしくて......。怒ってらっしゃる方は今度会ったときにひっぱたいてください。申し訳ありませんでした」とカメラに向かって一礼する。誤解を訂正できないまま50年近い月日がたってしまったそうで、「長崎出身だと思っていた」というスタッフに「やだー。怒ってました? 大丈夫ですか?」とあわてていた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ