ここから本文です

「ドラムボーカル」というスタイルで注目を集めるシシド・カフカが、通算2枚目のオリジナルアルバム『トリドリ』を4月27日にリリースする。織田哲郎や亀田誠治、蔦谷好位置など豪華プロデューサーを多数迎えたプロデューサーとのセッションアルバムとして制作された本作は、「ライヴを想定したアレンジを心がけた」というだけあって、非常に躍動感あふれる楽曲が並んでいる。
作詞の多くはシシド本人によるものだが、「自分の信じた道を突き進む、自立した強い女性」という、多くの人が持っているであろう彼女のイメージとは裏腹に、弱い部分や脆(もろ)い部分をさらけ出すような、赤裸々なフレーズが印象的だ。シシド・カフカの等身大の魅力を身近に感じられ、ますます引き込まれることだろう。

サムネイル

シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


■ 体力作りは「永ちゃんスタイル」でおこなっています

ーー今作『トリドリ』は、ライヴを想定したアレンジを心がけたそうですが、シシドさんにとってライヴとは?

シシド:やはりミュージシャンたるもの、軸になるのはライヴだと思っています。アーティストとしてのシシド・カフカに自信をもたせてくれたのは、ライヴでのお客さんの反応が一番大きいです。ダイレクトに返ってくる反応を指針に、お客さんはどんなことを期待しているのか、自分はどの道に進むべきか、ずっと考えてきました。学ぶことが本当に多いです。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー今までのライヴで特に印象に残っていることはありますか?

シシド:たくさんありますが、デビューしてまだ数日しかたっていない頃に出させてもらった、新潟でのライヴが特に強く印象に残っていますね。いわゆる野外フェスのような雰囲気だったんですけど、そこで初めてお客さんとコミュニケーションを取れた気がしたんです。それまでは単独ライヴというものもやったことがなく、ライヴの中でお客さんと"キャッチボール"する方法も知らなかったんです。でも、その新潟のライヴでは、私のことを初めて見る人ばかりで、曲も全く知らないような状態だったにも関わらず、ものすごく温かく迎えてくださったんです。それがとてもうれしかったのと同時に、「ライヴでのコミュニケーションって、こういうことなのか!」って気づくことができました。
ただ、たった30分のステージだったのに体力が全然続かなくて(笑)。夏に野外でドラムをたたくのって、こんなに大変なんだと。そこから体力作りにも取り組むようになりました。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー普段からジムに通うなどされているのですか?

シシド:わたし、運動が本当に苦手なんですよ(笑)。できることならドラム以外では動きたくないくらいで......。なので、ドラムを叩きながら体力作りをすることが多いですね。
わたしの中で勝手に「永ちゃん方式」って呼んでいるんですけど、矢沢永吉さんて、リハーサルのときにサウナスーツを着込んで暖房を焚(た)いていらっしゃるそうなんです。それをラジオで聞いて、「これだ!」と思って(笑)。暖かいインナーを着こんでその上にウィンドブレーカー、みたいな格好でドラムをたたき、一人で汗だくになっています。それでかなり体力がつきましたね。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー前作『K(Kの上に5)(Kの累乗)』で学んだ"脱力"を、今作では活かしたそうですね。

シシド:わたしは、何をするにしても力を入れ過ぎてしまう傾向にあるんです。歌詞を書くときもそうですし、ドラムをたたくときも、歌を歌うときもそう。それが、あまりいいように作用してこなかったな、と思うところがあって。それが、前作では甲本ヒロトさんや斉藤和義さん、いいかんじで力の抜けている先輩アーティストさんと一緒にやらせてもらって(笑)、「あ、ここは細かく気にしなくてもいいんだ」とか、「ここで力を抜くと、隙間ができてお客さんも感情移入しやすいんだな」とか、脱力することの大切さを学ぶことができました。それを今作では活かすことができた気がします。

■ 「初めてシシド・カフカという人間が分かった気がする」って言われました

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー今作では複数のプロデューサーが参加されていますが、"crying"の作曲者である織田哲郎さんは、シシドさんの「屈折した部分に光を当てたかった」とコメントしています。シシドさんの屈折した部分とは?

シシド:これまで自分は、わりと能天気に生きてきた方だと思っていたんですが、「もしかしたら"あのこと"がキッカケで、今これができないのかな」とか、「あのとき、"ああいうこと"をイヤだと思っていたんだな」とか、ふと思うことが結構あって。"crying"を織田さんから頂いたとき、「君のここらへん(胸のあたり)にたまっている、鬱屈(うっくつ)したものをグワーッと出してみないか?」って言われたんです。それでいざ自分の内面と向き合ってみたら、父の仕事の都合でアルゼンチンで過ごしていた中学生時代、自分の中でストレスやコンプレックスを強く感じていたことを思い出したんですよね。その思いを"crying"に込めてみました。これを聞いたマネジャーからは、「初めてシシド・カフカという人間が分かった気がする」って言われましたね(笑)。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー確かにシシドさんといえば、「自分の信じた道を突き進む、強い女性」というイメージを勝手に思い描いていたのですが、"crying"やストレートなラブソング"特別な人"、そして失恋の歌"春の約束"の歌詞から受ける印象は、こんなに弱い部分もあるんだな、と意外でした。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


シシド:強さでもあり弱さでもありますが、鈍感なところがあり、自分の感情を見ないほうが良い作用がある気がしていました。ただ、小さな興味に心が大きく反応するときはその直感を信じます。信じた道は必ず行動に移して突き進むタイプですね。ただ、常に最悪な事態を想定して、3パターンくらい別の方法も用意しておきますが(笑)。

ーー"無邪気なまま愛される人を 真似る私の笑顔はきっと 隠せないくらいに軋(きし)んでた"という歌詞は、どこから生まれたのでしょうか。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


シシド:自分にとって、姉の存在が結構大きかったんです。彼女は喜怒哀楽がすごく激しいんですけど、それでも人から愛されるんですね。そんな姉が、ある意味ではうらやましくもありつつ、自分がそうなったら受け入れてもらえないんじゃないか? っていう気持ちもあって。それで、感情をグッと抑えてしまうところが自分にはあるんです。そういう葛藤を言葉にしてみました。

■ 「人がケンカして、仲直りする」というプロセスが分からない

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー"Get Up!"の歌詞に込めた思いは?

シシド:ここでは"怒り"を表現しようと思いました。喜怒哀楽の中で、怒の感情を歌詞に乗せたことは今まであまりなくて。蔦谷好位置さんからいただいた楽曲が、ギター主体のものすごく強い曲だったというのもありますし、"Get Up!"という言葉が最初に頭に浮かんだこともあって、こういう曲に仕上げました。ケンカする強さが、自分にも欲しいんです(笑)。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー普段、あまり怒りを表に出さない方なのですか?

シシド:ケンカが苦手なんです。ついつい心にもないことを言ってしまって、言ってるそばから「あれ、こんなこと思ってもいないのに......」って後悔している経験が何度かあるんです。自分の感情をグッと抑え込んでしまうのは、それもあるのかもしれないですね。両親がケンカしているのをみたこともなかったので、「人がケンカして、仲直りする」というプロセスが分からないっていうのも、ケンカが苦手な原因の一つかもしれません。歌詞の中の"明日の為に we'll have a brand-new days"というのは、明日また新たな日を迎えるためにも、言いたいことをちゃんと言おうぜ! っていう、自分にも言い聞かせているフレーズですね。ちゃんとケンカできるようになるのが目標です(笑)

ーー今回、特にチャレンジングだった楽曲は?

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


シシド:"朝までsugar me"ですね。大森靖子さんが歌詞を書いてくださったんですけど、女の子の持っている"あざとさ"と"曖昧さ"と"かわいらしさ"が詰まっているんですよね。わたしはどちらかというと男っぽいところがあるので(笑)、自分の中にある女の子らしさを最大限出すよう、ベストを尽くしました。今後、自分自身の女としての経験値が上がっていく中で、歌のニュアンスも変わっていくのかなっていう可能性も秘めた楽曲になりそうです。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


ーー5月7日から、全国9カ所9公演ツアーが決定しています。最後に意気込みをお願いします。

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


シシド:本格的なツアーは今回が初めてなんです。自分自身がバンドとともに育っていくのを体感できることが今から楽しみですし、単独ライヴなので私に会いに来てくださったお客さんに、私も会いに行けるっていうのが何よりうれしいです。きっと、場所によってリアクションの違いもあるでしょうし、投げてくれたボールをちゃんと投げ返すことができるのか、今からドキドキしています!

蔦谷好位置プロデュース、シシド・カフカ作詞 「Get up!」>>


奥野真哉プロデュース、大森靖子作詞 「朝までsugar me」>>


シシド・カフカ 「トリドリ」コメント映像>>


4/1スタジオライブ映像より「Get up!」>>


4/1スタジオライブ映像より「朝までsugar me」>>


◆ シシド・カフカ
1985年6月23日生まれ。メキシコ出身。ドラムボーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。2013年9月ファ?ストアルバム『カフカナイズ』発表。フジテレビ『新・堂本兄弟』『ファーストクラス』への出演や、『PRETZ』『SONNY WALKMAN(R)』『Levis(R)』などのテレビCMでも話題に。2015年6月にはセッション・ミニアルバム『K(Kの上に5)(Kの累乗)』をリリース。音楽フェスへの出演のほか、女優、モデルなど多方面で活躍中。座右の銘は「為せば成る」

サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


サムネイル
シシド・カフカオリジナルアルバム『トリドリ』4月27日リリース


(文/黒田隆憲@HEW)
(写真/佐々木 淳吏 @トレンドニュース)
(メイク/奈津)
(衣裳協力/3.1 フィリップ リム)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来 のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き 方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ