ここから本文です

熊本・大分を中心に九州地方に大きな被害を与えた地震。東日本大震災のときのように、今回も多くの芸能人が被災地支援を表明している。芸能人という大きな影響力を持つ立場の人間として、もしくは立場関係なくいち個人として、なにができるのか――。それぞれの考えのもと、被災地支援を行っている。

サムネイル

提供:アフロ


■タレント・岡本夏生は"ひとり募金活動"

東日本大震災のときも熱心に被災地訪問などを行っていた岡本は、"ひとり募金活動"として今回も寄付などの活動を行うことをブログで宣言。さっそく5月に開催するトークイベントのチケット代を全額寄付することを決めて、さらに唯一のレギュラー番組を降板したばかりの身でありながら100万円を寄付すると予告している。

■シンガーソングライター・GACKTはコラボ商品の売り上げ全額寄付

ネスレ日本とコラボした限定バリスタを発売したGACKTは、同商品の売り上げを被災地に全額寄付することを発売記念イベントで発表した。税込み9800円で1000台限定の商品はただちに完売し、単純計算すると約1000万円が寄付されたことになる。

■SMAP・中居正広はプライベートで炊き出し

報道によると、中居正広は4月24日、避難所となっている熊本市内の小学校を訪問し、サングラスにマスクという顔を隠した姿で自ら中華鍋を振り、チャーハンをふるまった。またマッサージチェアなどの支援物資も届けたという。お忍びでの行動ではあったものの、中居の行動はSNSで称賛と共に拡散された。なお中居は東日本大震災のときも同様の支援を行っている。

■タレントの紗栄子は義援金の振込受付書の画像と共に寄付を表明

息子ふたりからの2000円も併せて、紗栄子は500万2000円を熊本に寄付したことをブログなどで報告。さらにその後、大分にも同額を寄付したことを発表した。義援金の振込受付書の画像を投稿したことにより、金額や行動の公表の是非が問われたが、本人は「信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です」とキッパリ。称賛の声が相次いだ。

■お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔、無料ライブの開催検討

村本はTwitterで、「5月6月で熊本の近くでライブやったらまだ、迷惑ですかねぇ、、」「もちろん無料でね。食べ物とかももっていくプラス漫才」と被災地での無料お笑いライブ開催を検討していることを明かした。このアイデアには「不謹慎」という批判も寄せられたが、熊本県民と見られるTwitterユーザーからは歓迎の声が寄せられていたらしく、村本は被災地以外からの批判を「勘違いの代弁者ぶるやつは黙っとけ」とバッサリ切った。

■歌舞伎俳優・市川海老蔵、ブログのコメント欄を"伝言板"として開放

海老蔵は、地震が発生した翌日の4月15日朝、「伝言板に使ってください!!」「この投稿を、電話つながらないとか連絡つかない方ご利用ください」とブログのコメント欄を地震に関する情報交換の場として提供したアクセス稼ぎではないかとの中傷もあったが、海老蔵は、アクセス数は普段と変わっていないと反論した。

■モデルでタレントのダレノガレ明美は、地震に関する情報発信

ダレノガレはTwitterで、災害時の公衆電話の使用方法や簡易トイレの作り方、給水ポイントの場所など、自身が調べた役立ちそうな情報を発信している。「指で操作するだけじゃなくてなんか行動すればいいのに」という批判もあったと明かしているが、まだ現地入りできない事態だと釈明した。その後ようやく状況が整ったらしく、4月25日に「やっとやっといけます!」と報告した。

他にも熊本出身の俳優・高良健吾は地震が発生してすぐの4月18日、プライベートで熊本入りしてボランティアを行っていたことがわかっており、同じく熊本出身のお笑いタレント・コロッケも避難所を訪問してパンなどの食料を届けている。芸能人以外では、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、ヘリで自ら物資を届けたことも話題を呼んだ。

支援活動を公表する芸能人を「黙ってやるべきこと」と批判する声もあるが、影響力のある人々が支援を表明することによって、あとに続く人がいることも事実。今は他人の足を引っ張るのではなく、自分がやるべきことを考えるときだろう。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ