ここから本文です

タレント・岡本夏生は、数々のぶっちゃけ発言や歯に衣着せぬコメントでTOKYO MX「5時に夢中!」の名物コメンテーターを張っていたが、3月29日の放送をもって同番組を電撃降板。「全テレビ局から出入り禁止」というほどアクセル全開な彼女が、これまで一体どんな発言をしていたかというと......。

サムネイル

岡本夏生/Natsuki Okamoto, Jul 01, 2012 : WOWOWのイベントに登場した岡本夏生さん=2012年7月1日撮影
写真:MANTAN/アフロ


■「あたし今ね、あちこちから訴えられてるの」

今年1月26日の放送で。昨年12月1日に完成予定だった自著『50億の勝ち猫』の出版作業が滞っていることを報告するなかで、その理由として「今ね、裁判の案件とかいろいろ抱えてるの」「あたし今ね、あちこちから訴えられてんの」とあっけらかんと明かした。トラブルの内容に関してはいまだに不明......。

■「枕営業しながら年収2億ですから!」

2014年5月20日の放送で。バブル時代を振り返り、「上京したばっかで事務所入って独立して、年収2億あった」と告白。さらに「この体ひとつでね。枕営業しながら年収2億ですから!」となんと枕営業の経験までぶっちゃけた。

■「パンツなんか穿いてないからね!」

昨年7月14日の放送で。番組放送2500回目を記念したセクシーなドレスで登場し、さらに「パンツなんか穿いてないからね!」と自らスカートをめくって生尻をアピールした。ただ次週の放送で、本当はパンツを穿いていたとして謝罪。そして「今日は前貼りをしているんで本当に穿いてません」と強調した。

■ベッキーに「多大なるミステイクをしたんじゃない?」

今年2月2日の放送で。不倫スキャンダルの渦中にあったタレント・ベッキーを、多数のCMを抱える芸能人としては自覚が足らなかったとして、「10代の小娘でもあるまいに30過ぎの女がなぜ気づかなかった!」とバッサリ。また会見での「誤解を招くような行動をした」という発言を「どっちともとれるあいまいな言葉」と指摘。「多大なるミステイクをしたんじゃない?」と厳しく批判した。

■"1000年にひとりの逸材"に「そんなはずねーだろ!」

今年3月1日の放送で。美少女ぶりが評判のアイドルグループ・Rev. from DVLの橋本環奈の、"1000年にひとりの逸材"というキャッチコピーに「そんなはずねーんだろ! そんなもん誰が確認できるんだ! 1000年も生きてる人なんていないんだから」と誰もがうっすら感じていた思いを代弁したツッコミを入れた。

■ショーンK氏に「キャンタマついてるじゃない!」

今年3月22日の放送で。経歴詐称騒動を涙ながらに謝罪した経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏を「なぜそんなことをしたかってとこは、なにも触れてない!」とピシャリ。謝るだけではなく経緯説明をすべきだと主張した。しかし川上氏にこれだけ厳しいことを言うのは彼の大ファンだったからだそうで、「男の子でしょって言いたい! キャンタマついてるじゃない!」と愛ゆえのメッセージを送った。

■元女優の喜多嶋舞さんに「正直に認める勇気を」

昨年11月24日の放送で。俳優・大沢樹生が喜多嶋さんとの間にもうけた長男にDNA鑑定の結果、親子関係が認められなかった問題について、「人の家のことを他人が言うことではない」と慎重に前置きしたうえで、「世界中で真実を知っているのは喜多嶋舞さんだけ。正直に認める勇気を」とコメント。長男のためにも過去どういうことがあったのかハッキリ伝えるべきではないかと語った。

他にも2013年~2014年には毎週奇抜なコスプレで登場するなど、岡本は暴走キャラではあったが、その発言には「いいものはいい! 悪いものは悪い!」という彼女なりの筋が通っており、視聴者から称賛されていた。唯一のレギュラー番組であった「5時に夢中!」を降板し、岡本本人も今後はテレビの世界から離れて、活動の場をイベントなどに移すと宣言している。なんだか寂しい話だが、確かにトークショーのようなある程度クローズドな場所でこそ、彼女の本領は発揮できるのかもしれない......。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ