ここから本文です

"自称クズ芸人"のパイオニア的存在であるスパローズは、元ヒモの森田悟と、自己破産も経験済みの借金王・大和一孝からなるお笑いコンビ。昨年芸能活動20周年を迎えたふたりだが、なんと今年3月頭にはコンビ解散を公式に発表する予定だったそう。そのため大物芸人から事務所のお偉いさんまで業界内のさまざまな人にあらかじめ解散することを報告していたのだが、なんと発表直前になって突然解散を取り消した。業界内では"解散詐欺"との声も飛び交っているが真実はどうなのだろうか......?

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 スパローズ)


■プロポーズの2日後に解散が決定

大和「結成20周年を過ぎたときに、急に僕が『やめたい』って気持ちになっちゃったんです。森田の方はそんなことは考えてもいなかったみたいなんですけど......。それで森田にもちゃんと話そうと思ったんですが、僕ら20周年のときにご祝儀として親しい芸能人の方々やファンの方々からお金をもらうという企画がありまして、そのときに148万ももらっちゃったんですよね。それですぐに『辞める』なんて言い出せないなと思って、今年に入ってから言うことに決めていました。でもその後も何回もタイミングを逃して言えなくて、しまいには相方がバラエティ特番「人生最大のサプライズ プロポーズ大作戦!」(TBS系 2月17日放送)で公開プロポーズをすることになってしまって。プロポーズするんじゃ解散なんて言えないじゃないですか!」

森田「でも結局その2日後に『解散したい』って言われたけどね(笑)。しかもそのときのプロポーズで俺、彼女に『スパローズが売れるとこを一番近くで見てください』って言ったんですよ。なのに2日後に解散ってなったから、うちの奥さんが『これ結婚詐欺じゃねーか』って(笑)。しかもコイツ、『解散したあとどうするの?』って聞いたら、『落語家になる』とか言い出して、『あれ? 落語なんて好きだったっけ?』って」

大和「何年か前に『落語家の弟子になると着物を畳むだけで3万円もらえる』ってうわさ(を聞いたんですよ。その話を聞いたときから何かある度に時々落語を思い出すようになっていたんです。でもまだその段階では全然落語のことなんか知らなくて、知り合いのツテで落語家の先生と会う機会を作っていただきました。そのときに最近ドラマにもなった『赤めだか』のことを『知ってる?』って聞かれて、『知らない』って答えたら『コイツ解散して落語家になるとか言っておきながら一般人でも知ってること知らないなんてヤバいぞ』的な目で見られてしまって(笑)。その他にも落語のオチのことを"さげ"っていうのも知らなかったり、話聞いてる最中わからないことだらけでしたね。それでこれ以上質問したら落語家の道断たたれるなと思ってずっとしったかぶりしていました。あとからWikipediaで調べて『"さげ"ってオチのことか!』ってわかりました」

森田「もう完全に落語を舐(な)めてますよね(笑)」

■大吉さんに「解散を撤回するまで俺は帰らない」と言われた

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 スパローズ)


大和「まぁ結果的に解散は撤回することになったんですけど、それに行き着くまでには周囲の方たちのすごい説得があったんですよね。まず解散が決まってからいろんな人に報告をすることになったんですけど、博多大吉さんには忙しいからと思ってメールで解散を伝えました。そうしたら突然、『発表の前に俺の話を聞いてくれないか』って言われて、大吉さんと飲むことになったんです。最終的にベロベロになるまで付き合ってくれて、飲んでいっぱい話し合いました。そこで大吉さんに『おまえが解散を撤回するまで俺は帰らないからな』ってかなり熱い言葉をもらったりして。それまでいろいろな人に解散のことは話してきてたんですけど、大吉さんと話して自分の中の『継続してもいいかな』という気持ちが0%から50%くらいまでになりました。でも最終的には、『1回大吉さんの言葉を受け止めて1日考えますので、そしたら明日またメールさせてもらいます』って言って凌(しの)ぎました」

森田「その後ウド(鈴木)さんにも報告に行ったんだよね」

大和「うん。俺はそのときの現状やら思っていることなんかを本気で話して、ウドさんはまず俺の話を全部聞いてくれました。でも全部話し終わったあとにウドさんがいきなり男らしい顔にかわって、『ひとつ言わせてもらっていい? おまえらは解散するべきではない!』って」

森田「ウドさん、普段はそんなこと言う人じゃないのにね。あとから聞いて本当にありがたいと思いましたよ。ウドさんは自分が責任を負わなければいけないようなことは普段なら言う人じゃないし、周りにすごい気を遣う人だから、その人が人の人生を引きとめるなんてまずないことなんですよ」

大和「そうだね。しかもそこからは俺が話した不満や悩みを全部1個ずつ解決していってくれて、もう仏教の教えみたいなことを普通の言葉でいっぱい言ってくださいました。そうしたら急に頭が熱くなってきて、『あれ? 撤回って今からありなのかな?』って思い始めて。一方で、『これ撤回って言ったら面白いかもしれないな』って感情もあったんですけど(笑)。でも大騒動になるなとか思いながら、ウドさんに『撤回とかできますかね?』って思い切っていったんです。そうしたらウドさんが、『おまえ自分に感謝しろよ。この判断した自分に感謝しろよ』って俺を褒めてくださって」

森田「本当にいい人だよね」

大和「うん。それで相方に電話して、『ちょっとすみませんけど解散撤回してもらえますか?』って。そしたら森田が『だからずっとやるって言ってるじゃん!』って怒るんですよ」

■「この話使えるな」と思いました

森田「だって俺、大吉さんとかウドさんが説得してくれたのなんて知らないからね。いきなり電話かかってきてそんなこと言うから、もう『気持ち悪っ!』って思ったもん(笑)。でもその後いろいろな人に解散辞めましたって報告したら、みんなすごい喜んでくれて」

大和「しかもみんな話聞いてすごい笑ってくれるからね。何も知らない一般の方たちの前で初めて話したのはトークライブだったんですけど、みんな泣きながら笑ってるんですよ。感動の中にも笑いありみたいな。それで『この話使えるな』と思いましたね(笑)」

一部では"解散詐欺"とも言われていたものの、どうやら大和はかなり固く解散を決意していたようだ。一時は道が分かれかけたものの、先輩たちの言葉により今後もコンビで活動を続けていくことを決断したふたり。これだけの大物芸人から解散をとめられるほどの実力ならば、ブレイクももう間近かもしれない。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 スパローズ)


◆スパローズ
1976年10月17日生まれの大和一孝と同年12月14日生まれの森田悟からなるお笑いコンビ。1995年4月に結成した。キャッチフレーズは"若手ベテラン""キングオブクズ""クズ界の貴公子"など。都内各所のライブやイベントなどで高いMC力を発揮している。森田は今年2月に女優の絹川麗と結婚をした。座右の銘は、大和が「解散と結婚はチャンス」、森田が「継続は力なり」。

(取材・文/木村彩乃@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> スパローズが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

後輩コンビの解散を止める大吉の心意気>>


後輩コンビの解散にウド鈴木が激変>>


クズ芸人へのファンからの結婚祝が...... >>


その他の出演番組>>

・心変わりした後輩にガチギレする竹山
・結婚直後の解散に先輩芸人たちの反応は?
・解散を止めた先輩たちのその後の反応

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ