ここから本文です

ひょっとするとAKB48グループの卒業生の中でもトップクラスの成功者かも......。元SKE48のタレント・平松可奈子を知っているだろうか? グループ在籍時はそれほど一般知名度が高いわけではなかった彼女だが、プロデュースブランド「ハニーシナモン(Honey Cinnamon)」が絶好調で、少なくともファッションの分野では、ファッションブランド「リコリ(ricori)」をプロデュースしていた元AKB48・篠田麻里子を超えた!?

サムネイル

SKE48, Nov 26, 2012 : 紅白歌合戦の会見に登場した初出場歌手の面々=2012年11月26日撮影
写真:MANTAN/アフロ


■藤田ニコルも「ハニーシナモン」のファン

「ハニーシナモン」は、昨年の春夏シーズンより平松がプロデュースに就任した、「レトロ」「上品」「夢」「妄想」「ファンタジー」をキーワードとした女性向けブランド。始めは店舗を持たなかったが、「SHIBUYA109」が展開する、次世代ブランドに活躍の場を与えるためのプロジェクト「第4回 109ステージ」の選考を勝ち抜き、昨年3月にブランド初のショップを「SHIBUYA109」に出店するに至った。その際はあくまで"6カ月間のお試し"という形での仮出店だったのだが、ブランドとしての力を認められ、同年9月より正式な出店となった。また今年3月には念願の地元・名古屋に2号店をオープンした。

「ハニーシナモン」の売り上げはかなり好調らしく、平松は今年4月に「SHIBUYA109」から「平成27年度下半期に著しい成果を上げて、SHIBUYA109店の売上向上に貢献した」と新人賞の表彰状を受け取ったことをTwitterで報告している。また同月に国立代々木競技場第一体育館で行われた、日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER」には「ハニーシナモン」のステージも用意され、平松もプロデューサーとしてランウェイを歩いた。

もはや若い女性たちの間では平松は"元SKE48"よりも"ファッションプロデューサー"として広く認知されているらしい。平松が日々のコーディネート写真などをアップしているInstagramアカウントは、なんと約67万7000人というフォロワー数を誇っている。ちなみにモデルの藤田ニコルも「ハニーシナモン」のファンであることを明かしている。

■卒業後に花開き、実を結んだ貴重な例!?

今でこそモデルや「ハニーシナモン」プロデューサーとして大活躍する平松だが、SKE48在籍時は超人気メンバーとはけっして言えなかった。2008年にSKE48のオープニングメンバーオーディションに合格し、第1期生となったものの、選抜総選挙は毎年圏外。トーク力や私服のオシャレさに定評はあったが、本人がやや引っ込み思案な性格であるためか伸び悩み、2013年3月をもってグループを卒業した。

しかしアイドル時代は写真集を1冊も出せなかったにも関わらず、昨年7月には人気モデル/ファッションプロデューサーとして初のスタイルブック『KANAKANA』を発売するなど、平松は卒業してからのほうが絶好調だといえる。AKB48グループで人気を誇るメンバーたちも卒業後は伸び悩むという場合が多いが、平松は例外らしい。

"AKB48グループ卒業生"で"ファッション"といえば、「リコリ」をプロデュースしていた篠田麻里子を思い出すだろう。だが「リコリ」は2012年12月に設立したものの、2014年7月に全店閉店する結果となってしまった。ある意味平松は卒業後に"マリコ様"を超えたといえるかもしれない。

他にグループを卒業してからのほうが成功した例というと、実業家として年商6000万円を上げているという元AKB48の川崎希がいる。平松の現在の年商がどれほどなのかは不明だが、今の調子で伸びていけば、川崎と同じく"元アイドル実業家"として評判を呼びそうだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ