ここから本文です

乃木坂46の妹分グループ・欅坂46が4月6日にデビューシングル「サイレントマジョリティー」をリリース。発売初週にいきなり26万枚を売り上げて、女性アーティストのデビュー作の歴代最高記録を樹立した。デビュー即ブレイクを果たした欅坂46。いきなり名前をよく聞くようになったが、一体どこが注目されているポイントなのか?

サムネイル

欅坂46/Keyakizaka46, Apr 09, 2016 : 国立代々木競技場第1体育館で開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward(ガールズアワード) 2016 SPRING/SUMMER」
写真:MANTAN/アフロ


■"かわいくない"デビュー曲MV

欅坂46は昨年11月にお披露目イベントが行われた。同年10月にはテレビ東京系で初冠番組「欅って、書けない?」がさっそくスタートし、12月にはフジテレビ系「FNS歌謡祭」でテレビ初パフォーマンスするなど、結成すぐ露出の多かった欅坂46だが、当時はそれほど注目を集めておらず、あくまでAKB48グループ、乃木坂46のファンだけが動向を気にする存在だった。

しかし今年3月15日にデビュー曲「サイレントマジョリティー」のMVが動画配信サイトにアップされると、状況はいきなり変わる。アイドルのデビュー曲といえば、メンバーがかわいらしいポップスに合わせて笑顔を振りまくというイメージだろうが、このMVは180度違った。ミリタリー風の衣装に身を包んだメンバーたちが、真顔でじっとカメラを見つめ、「支配されるな!」と歌う映像は、人々の心をとらえ、動画サイトでの総再生数は4月25日時点で780万回を突破。アイドルファン以外からも注目を集めている。

それだけ話題を呼んだ大きな要因が、最年少メンバーにしてセンター、平手友梨奈のインパクトだ。

■渡辺麻友に「どんな人生歩んできたの」と言わしめたセンター

平手は2001年6月25日生まれの、ショートカットが印象的な14歳。こちらを見据える鋭い目つきに堂々とした雰囲気は、MVが公開されるなり、ネット上で

「平手友梨奈はバケモン。 圧倒的過ぎる」
「かつてこれほどまでにデビュー曲で存在感を放つセンターが46や48にいただろうか」
「確かにこのセンターは凄い。前田敦子とも生駒里奈ともまた違う才能を感じる......」

といった驚きの声が上がった。またAKB48・渡辺麻友も「えっセンターの子14歳なの。すごっ。どんな人生歩んできたの」とTwitterでコメントしている。

また4月22日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」に欅坂46が初登場した際は、「平手ちゃん」「センターの子」といったワードがTwitterのトレンド入りを果たした。

現在は「かっこいい14歳センター」として認知が広がっている平手だが、実は握手会などで見せる素顔はなかなかかわいいという情報もある。これからさらにいろいろな表情を見せてくれることだろう。

■握手会人気トップクラスの長濱ねる

もうひとり注目したいのが、他メンバーより一足遅れて昨年11月にグループに加入した、17歳の長濱ねるだ。なぜ長濱だけ加入時期にズレがあるのかというと、彼女が一度はオーディションを辞退したから。もともと正規の最終審査まで残っていたものの、両親の反対にあっていったんは夢を諦めることになったのだが、両親とスタッフとの話し合いの末に、3次審査までの高い評価から特例で加入が決定した。とはいっても最終オーディションを受けていないため、まずはアンダーグループ"けやき坂46"メンバーとして活動をスタートさせた。

しかしいわば"2軍"の立場である長濱が、握手会では人気トップクラスに。多くの正規メンバーに先立って、デビューシングル「サイレントマジョリティー」発売記念個別握手会を完売させるに至った(その後追加枠が決定)。長濱は平手とは真逆な、おとなしい雰囲気のかわいい系の顔立ち。正反対のタイプふたりで、いずれはグループ内の序列を競うことになりそうだ。

だが欅坂46のメンバーは21人。つまり平手と長濱の他にもまだまだメンバーはいるということだ。今はまだ限られたメンバーにしか世間の目が向いていないが、今後グループの露出が増えていくと、また違うメンバーが人気を集めるようになるかもしれない。

まだまだ謎の多い欅坂46。最速ブレイクアイドルの未来はいかに?

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ