ここから本文です

お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、自身が書いたサインがネットオークションで転売されていたことを報告するとともに悲しみを示した。

サムネイル

井上裕介/Yusuke Inoue(NON STYLE), Apr 23, 2016 : 「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」で行われたイベント後の会見
写真:MANTAN/アフロ


井上は5月10日にTwitterで、「沖縄国際映画祭のレッドカーペットで書いた僕のサインがネットオークションで8000円で売られていた」と報告。「なんだか悲しいなぁ!!売る売らないは、貰った人の自由だけど、そういう事実をするとサインするのが悲しい気持ちになるなぁ」(原文ママ)と嘆いた。

ファンからは

「私なんか井上さんのサイン欲しくて欲しくて仕方ないのに...許せないですね...」
「人の気持ちがわからない人がいるんですねわざわざ書いてくれたのに」
「好きな人に大切に使ってほしいって意味があっても、気持ちをありがたく思ったらそんなことはできないはずなんだ」
「売られてても買わないべきですよね!転売防ぐ方法として!」

といったリプライが寄せられている。また「ファンの名前を書けばファンとしては嬉しいし、転売も出来ないので一石二鳥(?)です」と転売防止のための名前入れを提案する声もあった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ