ここから本文です

元プロボクサーの亀田興毅氏が、急性アルコール中毒で救急搬送された件について、父親である元ボクシングトレーナーの亀田史郎氏から叱られてしまったことを明かした。

サムネイル

亀田興毅/Koki Kameda, Mar 20, 2013 : ランウェイで肉体美を披露する亀田興毅選手=東京ランウェイ 2013 S/Sで
写真:MANTAN/アフロ


報道によると、亀田興毅氏は、5月12日未明、知人らと酒を飲んだ後に乗ったタクシーの運転手に「乗客の反応がなくなった」と110番通報されて、急性アルコール中毒と見られて病院に運ばれた。

同日の夕方にはブログで、体調的には問題ないことを報告するとともに「自分自身の置かれてる状況を改めてもう一度再認識し、必ず同じ過ちを繰り返さないようにします。本当に情けない姿を世間に晒しました...」と反省を示したが、父親・史郎氏からもたしなめられてしまったらしい。翌13日に「親父から久しぶりに説教され、それも的確な言葉をかけてもらった。『二度同じ失敗をしたらアホ』」と明かした。

亀田興毅氏は「ボクシングを引退し、どこか気持ちに緩みがあった。この失敗を深く反省し、教訓にし、プラスに変えていきます!」とつづっている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ