ここから本文です

これほどツッコミどころのあるタレントも珍しい......! この頃バラエティー出演が続いているモデル・梨衣名に取材をするとあって、事前に資料を渡されたのだが、「これ本当に元『CanCam』専属の美人モデルのプロフィール?」と聞きたくなるほどの情報量。「中国山東省の李村という、中国でもド田舎の生まれ」「村に水道・ガスは通っておらず、井戸水を使用。冬は井戸水が凍るので、お風呂に入れなかった」「トイレは庭に木の椅子が置いてあるだけ」「村のおもてなし料理はセミのから揚げで、来日してからも公園でセミを採集して作っていたくらい大好物」などなど、他の田舎出身タレント、貧乏タレントが霞(かす)むほどインパクト大なエピソードの宝庫だ。

サムネイル

バラエティーでブレーク目前!? モデル・梨衣名


ハリウッド進出を目標にいろいろなことに挑戦! 公式チャンネル「リーナだよ。」>>


さらに梨衣名は、日本の国立大学ロボット工学科でプログラミングを研究した立派な"リケジョ"でもあるそうで、とにかくプロフィールの要素が多い! しかも4月に出演したフジテレビ系「アウト×デラックス」では、顔も見たことがない許嫁がいることを明かしており、彼女の引き出しは一体どれだけあるのか......。今後確実にバラエティーの人気者となりそうな梨衣名を、「一体何者なんだ」と少々怯(おび)えながら(!?)直撃した。

■「日本のトイレはめっちゃいい匂い」

「李村のトイレが木の椅子になったのも、わりと最近の話なんですよ。前はレンガふたつ並べて足場だけ作って、真ん中にどんどんためていくスタイルでした。でも村に住んでいるのはほぼ親戚だし("李"家の人々の村なので李村)、他人のうんこを見ても驚かないし、むしろ見ても『あの人は健康だなー!』と思うくらいで、オープンでした。だから都会のトイレはカルチャーショックだったんです。『日本のトイレ、めっちゃいい匂いする!』って驚きでした(笑)。

日本語ペラペラってよく褒めてもらえます。だからハーフと間違われがちなんですが、両親はどちらも中国の生まれ。父が研究者で、研究のために中国でも比較的都会の方にいったん引っ越しして、10歳から日本に来ました。でも日本語がうまくなったのはここ2、3年の話ですね。大学卒業して、どうしてもバラエティーに出たいって事務所に伝えたら、『日本語がなってない』と言われてしまって、それから勉強を。その前は本当にひどかったらしいです。何言ってるのかわからないって言われていました(笑)。

トイレの他にも、都会ではみんな靴を履いているのが驚きでした。村では夏は裸足で、冬もおばあちゃんたちが作ってくれた足袋みたいなのだけ履いて暮らしていたんで、都会はコンクリートで整備されているのに、なんで分厚い革靴を履くんだろうと不思議で仕方なかったです。あと都会は水がきれいですね! なぜか李村の井戸水は、飲むと歯が黄色くなるんです。お父さんなんか歯が抜けちゃって......。多分鉄分が多く含まれているからなんですけど、ということは、いい方にとらえると、李村の水は栄養があるっていうことになりますよね!」

■許嫁がいるのにキュンとなる瞬間とは?

サムネイル
バラエティーでブレーク目前!? モデル・梨衣名


「許嫁のことはなにも知らないんですよ。一切話を聞かされていないんです。そもそも許嫁の存在を知ったのが去年の話なんですよね(笑)。『えっ!?』って、私が一番びっくりしています(笑)。許嫁以上の人であるなら、他の人と結婚してもいいとは言われているんですけど......。許嫁に会ってみたい気持ちはあるけど、普通に恋愛して結婚したい気持ちもあるし、難しいところですよね。とりあえず結婚は30を超えてからと決めているから、保留にしています。

両親からずっと恋愛禁止とは言われていたんですけど、それは許嫁がいるからとか関係なく、中国は交際する相手、イコール結婚する相手みたいな文化だから、当たり前の教育なんです。でも生活していて誰かにキュンとする瞬間はありますよ。匂いフェチなんで、好きな匂いの相手を見つけたらときめきますし、あと私自身が理系なので、たとえば宇宙について詳しい方の話を聞いたりなんかすると、『この人の宇宙の話をもっと聞きたいな』ってキュンときます。いわゆる"研究バカ"みたいな、私の知らない何かを知っている人が語り出すと、『もっと聞きたい!』って惹(ひ)かれちゃいますね。ただずっと恋愛禁止で生きてきましたし、あくまでキュンとするというだけで、そこから恋愛感情に発展していくことはないんですけど......」

■タモリさんとの共演で「やっぱり売れる方はすごい!」

「父親が教育熱心だったので、小さな頃からずっと勉強してきて、テレビを見られるのは1日10分だけだったんです。だから今、テレビの世界で仕事をしているのは本当に不思議......。高校生のとき、塾の友達に『モデルの仕事してたりする?』と聞かれて、そのとき初めて"モデル"って単語を知ったんですけど(笑)。調べてみたらすごく華やかな世界だったので興味が沸いて、両親と『国立大学に合格したらオーディションを受けてもいい?』って約束したんです。それで無事大学に受かって、『レプロガールズオーディション2008』に応募したところグランプリを獲得して、芸能界入りすることができました。

これまでの収録で印象的だったのは、タモリさんがすごくすごくすごく優しかったこと! 芸能界のトップの方なので、どうお近づきになればいいのかわからなかったんですけど、私の控室までふらっと遊びに来てくださって、ギョーザについて語る収録だったので、そのままギョーザトークで盛り上がりました。こんなにフランクにお話ししていただけるんだとびっくりしました。やっぱり芸能界の大先輩はすごいですね。

将来の目標はハリウッド進出です。30歳を目標に、色気とかトーク術とか演技力とかカンフーとか中国語とか英語とかいろいろ固めていけたらな。私、『努力の天才』になりたいんですよ。お父さんが努力して研究して日本にたどり着いたのを見てきたので、自分がどこまで成長できるかを楽しみつつ、努力し続けていければ。努力は絶対に報われると思うんですよ!」

ド田舎のトイレ事情を「うんこ」とハッキリ言いながら説明してくれる美人モデル......。芸人顔負けのエピソードの持ち主でトークも達者、さらにハリウッドも目指している......となんだか掴(つか)みどころのない感じもする梨衣名だが、彼女に「モデルはこうあらねばならない」なんてつまらない固定概念は通用しない。いい意味でまだ芸能界に染まっていない彼女は、そのときどきの自分の「やりたい」「話したい」という感情に従って突き進むのみ! 一度見たら忘れられない個性の塊である梨衣名が、日本のバラエティーを引っかきまわしてくれそうだ。

サムネイル
バラエティーでブレーク目前!? モデル・梨衣名


◆梨衣名(りいな)
1990年3月14日年生まれ。中国山東省出身。18歳で「レプロガールズオーディション2008」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。2009年~2014年と女性向けファッション誌『CanCam』の専属モデルを務めた。今年からゲーム『ドラゴンクエストX』の第5期初心者大使に就任。バラエティーで披露する強烈なエピソードの数々で注目を集めている。
座右の銘は「努力の天才になりたい」。

(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ