ここから本文です

歌手のファンキー加藤が、自身とお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣の元妻とのW不倫騒動を受けて、予定していたフジテレビ系「めざましテレビ」生出演をキャンセルした。かわりにVTR出演して騒動を謝罪した。

サムネイル

ファンキー加藤/Funky Kato, Sep 02, 2014 : ソロになって初のアルバム「ONE」について語ったファンキー加藤さん=2014年9月2日撮影
写真:MANTAN/アフロ


本来は加藤が6月11日公開の初主演映画『サブイボマスク』のPRを生出演で行う予定となっていたが、急きょVTR出演に変更になった。加藤は、「本来でしたら映画の公開に合わせて番組に出演する約束をしていたのに、私事の騒動でご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません」と謝罪。「重ねがさね申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど、たくさんの共演者の皆さんとスタッフ、関係者と全員で作り上げた本当にすてきな作品なので、ぜひとも多くの方に見ていただきたいと心から思っています」と映画についてコメントした。

渦中の加藤だが、6月8日に奈良・吉野町で開催された『サブイボマスク』PRイベントには予定通り出席した。「お客様からさまざまな声をちょうだいしました。しっかりと受け止めてきました。今回の件で多くの方々を裏切ってしまいました。その失ってしまった信頼をどう取り戻せるか、必死で考えながら、少しずつ答えを導き出していけたらいいなと思っています」と神妙な面持ちで語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ