ここから本文です

AKB48・小嶋陽菜が、グループ卒業を決めた心境を告白。卒業は2年前から決断していたことだと明かした。

サムネイル

小嶋陽菜/Haruna Kojima(AKB48), Apr 23, 2015 : リニューアルオープンするティファニー横浜ランドマークプラザ店のテープカットセレモニーに出席した「AKB48」の小嶋陽菜さん=2015年4月23日撮影
写真:MANTAN/アフロ


小嶋は6月18日に開票が行われた「第8回AKB48選抜総選挙」で、"にゃんにゃん仮面"として16位にランクインして選抜入り。スピーチでは、グループ卒業を発表した。

小嶋は水曜レギュラーを務める日本テレビ系「PON!」6月22日放送回に生出演。これまでの自身の活動をまとめたVTRを見て、「卒業をあらためて実感しました」とコメントした。「2年前から(卒業を)決めていたんですけど、2年前は握手会の事件とかがあって、できなかった。『私はAKBにいながら自分のやりたいことができる』と思って続けていたんですけど、28歳になって次のステップに進みたいなと。大人の女性になりたいなと思った」と卒業を決めた理由を明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ