ここから本文です

2.5次元コスプレダンスユニット、アルスマグナが通算5枚目のシングル、「サンバ DE わっしょい! feat.九瓏幸子」を7月13日にリリースする。サンバの名曲「サンバ・デ・ジャネイロ」のサビをサンプリングしたこの曲は、2.5次元キャラ「九瓏幸子」のパワフルな歌声を大々的にフィーチャー。イントロが始まった瞬間から思わず踊りだしたくなるくらい、超アゲアゲのダンスチューンに仕上がっている。なお、夏祭りをイメージしたミュージックビデオでは、パパイヤ鈴木の振り付けによるダンスが見られるので、ライブの前にはぜひとも予習しておきたいところだ。
それにしても、この九瓏幸子。誰かにソックリなのだが、果たして真相はいかに......? アルスマグナのメンバー全員に迫ってみた。

サムネイル

7月13日リリース アルスマグナ「サンバ DE わっしょい!feat.九瓏幸子」
(写真:トレンドニュース)


アルスマグナ×小林幸子のコラボシングルが実現!>>


ーーまずは、みなさん自己紹介からお願いします。

サムネイル
神生(カノウ)アキラ
(写真:トレンドニュース)


神生(カノウ)アキラ:私立九瓏ノ主学園2年A組、真っ赤な髪がトレードマークです。ライブではボーカルを担当し、MCもメインでやっています。

サムネイル
泉奏(イズミソウ)
(写真:トレンドニュース)


泉奏(イズミソウ):同じく2年A組です。風紀委員長をしています。ピアノを弾いていて、指を守るためにいつも手袋をしています。

サムネイル
朴(パク)ウィト
(写真:トレンドニュース)


朴(パク)ウィト:1年B組です。韓国と日本のハーフですが、韓国語はあまり話せません。

サムネイル
榊原タツキ
(写真:トレンドニュース)


榊原タツキ:3年C組です。僕が持っているのは、いつも一緒にいるお友達のコンスタンティンです。ピンクのウサギで、世界制服をたくらんでいるスウェーデン人が中に幽閉されています。

サムネイル
九瓏(クロウ)ケント
(写真:トレンドニュース)


九瓏(クロウ)ケント: 2年A組の担任、九瓏ケントです。担当教科は化学です。メンバーが所属するダンス部の顧問もしています。

ーー今回のシングル、「サンバ DE わっしょい!」では、九瓏幸子さんとコラボしたそうですが、彼女はどんな人なんですか?

サムネイル
7月13日リリース アルスマグナ「サンバ DE わっしょい!feat.九瓏幸子」
(写真:トレンドニュース)


九瓏:私立九瓏ノ主学園の二代目学園長で、自由奔放でチャーミングな方なんですが、人一倍教育熱心で、愛と情熱に溢(あふ)れた素晴らしい方です。僕の祖母にあたるんですよ。とはいえ、あまりお会いしたことがなくて。そもそも日本ではなく、ブラジルに住んでいるので。

ーー九瓏幸子さんって、某大物歌手に似ていると評判ですが。

九瓏:確かに似てますね~! 声もソックリですもんね。

ーー実際にコラボしてみていかがでしたか?

サムネイル
(写真:トレンドニュース)


神生:僕が言うのも大変おこがましいのですが、揺るぎない「日本の心」をお持ちの方で。歌唱力や表現力はもちろんすごいんですけど、やはり「日本の心」というものが根底にあるからこそ、僕らは感動するのだろうなと思いました。コラボさせていただいて、本当によかったなと思いました。

朴:高校生である僕らにとっては、人生の大先輩としてのオーラにも圧倒されましたね。楽曲の中に、僕らではとても表現できないような深みを加えてくださったし。本当に感動しました。

ーーミュージックビデオの仕上がりは?

サムネイル
(写真:トレンドニュース)


九瓏:なんていうか幸子さんは愛にあふれた方なので、壁もハードルもないんですよね。とってもフランクに話しかけてくださったり、手を振ってくださったりするので、逆に困ってしまうというか(笑)。

神生:「アキラちゃ~ん」って言いながらほっぺを触られたり(笑)。「ハッ!!」ってなる。

泉:手を振られただけで喜んでしまうって、あまりないですよね。

神生:赤ん坊がお母さんに手を振られて喜ぶみたいな感じ?

朴:わかる。「お母さ~ん!」って言いたくなるもん(笑)。

神生:撮影は別撮りで、先に幸子さんがスタジオ入りされてたんですけど、僕らが行ったら現場の空気もすっごく良かったんです。やっぱり、人柄なんだなあと。

サムネイル
(写真:トレンドニュース)


ーーでは、その「サンバ DE わっしょい!」の、聞きどころを教えてください。

神生:誰もが知っているであろう「サンバ・デ・ジャネイロ」のサビをサンプリングした曲なので、まず聞いただけでもテンション上がっちゃうと思います。「夏といえば!」「お祭りといえば!」って感じ?(笑)あと、幸子おばあさまによる演歌独特のコブシ回しとか、例えばカラオケとかで、ぜひ若い子たちにもチャレンジしてみてほしいですね。

ーーブラジル音楽の持っている切なさって、歌謡曲のそれと通じるものがありますよね。

神生:そうなんですよ。「サンバ・デ・ジャネイロ」自体、ブラジルの民謡から影響を受けていたりするでしょうしね。そこも楽しんでほしいです。

九瓏:僕が思うに、生きている中でずっと「いいこと」ってないじゃないですか。やっぱり、「つらいこと」の連続の中に、ときおり「いいこと」が混じっている。どこをポイントとして、人は明日に向かって生きるのかという部分で、「忘れられない瞬間」というのを作ってあげたいっていうのは、アルスマグナがいつも言ってることなんです。僕たちのライブを見て、元気を受け取ってほしい。そして、「明日からまたアルスに会うまで頑張ろう」って思えるような、そんな時間を、この曲でより強く出せたらいいなと思ってます。

ーー振り付けに関しては?

神生:今回、振り付けはパパイヤ鈴木さんにお願いしました。やっぱり夏祭りといえば花火! 歌詞の中にも「打ち上げ花火」っていうフレーズがあったり、ミュージックビデオでも花火から始まったり。なので振り付けも「花火」をテーマに、みんなで踊れるような振り付けを心がけました。盆踊りって、たとえうまかろうが下手だろうがみんなで踊れるという良さがあるじゃないですか。そういうオープンな盆踊りからたくさんヒントをもらいつつ、パパイヤさんと一緒に考えましたね。本当にまねしやすい、シンプルなフリをつけてもらえたなと思います。

ーーでは今後、やってみたいコラボはありますか?

九瓏:一回目にしてものすごく強力な方とコラボしてしまったからなあ......今は何も考えられないですね。

神生:レディー・ガガくらいじゃないですか。
(一同笑)

泉:確かに、彼女くらいしか太刀打ちできる人が思いつかない。あとは、グループ同士のコラボとかも面白そうですよね。

ーー最後に、7月16日から始まるツアー「炎夏祭」への意気込みをお願いします。

サムネイル
(写真:トレンドニュース)


榊原:今回もツアーをやらせていただくこと、本当にありがたく思ってます。「サンバ DE わっしょい!」はじめ、アッパーな楽曲ばっかりのツアーになって、そして会場全体で盛り上がって、今年の夏もすっごく暑くなること間違いなしです。僕自身も体力をつけて臨むので、みなさんもぜひ、体力をつけてきていただいて、一緒に最高の夏を過ごしましょう!

サムネイル
初回限定盤A (CD+DVD) UPCH-7163 1,800円(税込)


サムネイル
初回限定盤B (CD+CDブックレット型短編マンガ) UPCH-7164 1,800円(税込)


サムネイル
通常盤 (CD) UPCH-5880 1,200円(税込)


「サンバ DE わっしょい!feat. 九瓏幸子」は、2016年7月13日に発売。初回限定盤A (CD+DVD) 、初回限定盤B (CD+CDブックレット型短編マンガ)、通常盤 (CD) で発売される。

サムネイル
7月13日リリース アルスマグナ「サンバ DE わっしょい!feat.九瓏幸子」


◆ アルスマグナ
2011年結成、由緒正しき全寮制の共学高校「私立九瓏ノ主(クロノス)学園」を舞台に活動する2.5次元コスプレダンスユニット。クロノス学園の高校生神生アキラ、泉奏、朴ウィト、榊原タツキと、化学教諭九瓏ケント、ぬいぐるみのコンスタンティンの"5人と1匹"で構成される。2013年ニコ動「踊ってみた」に投稿したシンクロ率120%絶頂キレキレダンスが話題を呼び、「ギガンティックO.T.N」は200万回視聴、「+♂(プラス男子)」では100万回を超える動画再生回数を叩(たた)き出し、動画総再生回数は1400万回を超える。2015年2月にメジャーCDデビューを果たし昨年発売したシングル3枚とアルバムが全てオリコンウィークリーチャートTOP10にランクイン。今年1月3日に行われた初の日本武道館公演では7000人を動員して大成功をおさめる。さらに3月9日に発売した4thシングル「マシュマロ」では自己最高位となるオリコンウィークリーランキング4位を記録。今年秋にはアルスマグナ主演の学園モノ映画上映も決まっており、人気はますます拡大中!
座右の銘:九瓏「型にはまらない」、榊原「一生懸命」、神生「後悔より反省する」、泉「一生勉強」、朴「努力を怠らない」

(文・写真/黒田隆憲)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来 のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き 方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ