ここから本文です

お笑い芸人、バイク川崎バイクがピン芸人になってから今年は10年。その節目の年を記念して、東京、大阪、仙台、広島、福岡と全国5カ所を回る自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が7月より開催される。ネクストブレーク芸人候補と呼ばれ続けて久しいバイク川崎バイクに単独ライブツアーへの意気込みについて聞いた。

サムネイル

自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が開催(全5都市)


―これまで東京や大阪で単独ライブは行っていましたが、全国ツアーは初めてですか?

BKB「単独ライブは毎年やらせていただいてたんですけど、地方公演は初めてで。せっかくなので、今まで行けてなかったところに行きたいなと思ったんです。一応、今年がピン芸人としてBKBを名乗ってから10年目という節目の年なんで」

――単独ライブは漫談が中心ですか?

BKB「最初はもちろん漫談から始まります。最初の20分ぐらいはアクセル全開でブンブンと。そこからはコントをやります。このサングラスを取るようなネタもあるんで、テレビでしか見たことがない方だと慣れるのにちょっとだけ時間がかかるかもしれません。基本的にはシンプルなネタライブです。トークコーナーやゲームコーナーがあるわけではないのでネタ8本ぐらいで。「ヒィーア!」だけじゃなく、幅広さを見せられたらと思っていますし、飽きさせないような構成は心がけています」

――やはりBKBさんが得意とする、会場を一体に包み込んで盛り上げる楽しい時間になるんでしょうね。

サムネイル
自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が開催(全5都市)


BKB「よくBKBを見てたらくだらない悩み事とかを忘れてしまうわと言ってもらえることがあるので、そういうライブを目指したいですね。街でファンですと声をかけてくださる方はいますけど、単独ライブにまで足を運んでくれるような人は本当に貴重ですから。だからそういうお客さんには特別な思いがありますし、いいものを見せたいという気持ちがあります」

――やはりブンブンをやりたいという人も多いでしょうね。

BKB「僕とか、サンシャイン池崎あたりは、しょうもなさ過ぎて面白いわと言ってもらうのが一番ですからね。今後もこのスタイルを変えるつもりもありません」

――ネクストブレーク芸人という形でテレビでは紹介されることが多いので、知名度は上がっているんじゃないですか?

サムネイル
自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が開催(全5都市)


BKB「自分の現状を冷静に分析してみると、ネクストブレーク芸人と言われたのは2012年の年末あたりなんですけど、2015年ぐらいまではまだそう言われ続けてきたんです。でも結局、ネクストブレーク芸人と2年連続で言われた時点で結局はブレークできていないということですから。今年に入ってからはネクストブレーク芸人とさえ呼ばれなくなりましたね。とはいえ、テレビに全然出ていないわけでもなく、時々は出てくるんですけどね。一応、食べてはいけているんで」

――2013年の「めちゃイケ」もそうですし、R-1ぐらんぷり決勝進出もそう。突然、月収が52万円だったとぶっちゃけてトピックになったこともありましたし、ところどころで爪痕を残してきました。

「そうですね。たまには爪痕......じゃなくて、タイヤの跡は残しておきたいところですからね」

――サングラス、TシャツといったBKBさんのトレードマークはずっと変わらないですね。久しぶりに見たとしても同じ格好なんでホッとするというか。

BKB「こいつも頑張ってるんだから、俺も頑張ろうと思ってもらえたらいいですよね」

――今回、仙台、広島、福岡が初めてですよね。

BKB「そこの知名度がまだなんですよね。知っている人は知っているけど、まだ顔と名前が一致しないという人も多いですからね。今回、大阪は即完で、東京も何とかなりそうなんですが、ライブを担当する偉い人からも地方がちょっとしんどいなと言われました。でも大阪が完売になって、吉本の内部でもビックリだったらしいんですよ。BKBって完売になるの!? って(笑)」

――今は単独ライブにどれくらい力を入れているんですか?

サムネイル
自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が開催(全5都市)


BKB「100%力を入れています。もちろんテレビの仕事が入ったら、その時はテレビに力を入れますが、それは瞬間のことなので。今年の夏はこの単独にすべてをささげていると言っても過言ではないですね。やっぱりピン芸人で単独ライブをやる人ってあまりいないんで、なんとか頑張らないといけないなと思っています」

――今年はBKB10周年ということですが、くしくも「めちゃイケ」で共演したこともあるAKB48が昨年12月で10周年。ほぼ活動期間が同じような時期となっていますが。

BKB「そうですね。AKBとBKBという言葉も響きは似ているんで、姉妹グループだと勘違いする人もいまだにいるらしいですけど。ただ、同じくらいの活動期間であっても、彼女たちはすぐに全国区になってしまった。それこそ『めちゃイケ』に出られたのも、名前の響きが似ていたからでしょうし、ありがたいですよね。『めちゃイケ』を見てくれた人がファンになってくれることもありますし、NMB48とも月1回は大阪で一緒に仕事をしているのでNMBのライブに呼んでもらうこともあるんですけど、ファンの方はものすごく温かいですね」

――まずBKBコールで観客をポカーンとさせてから、少しずつ一体感を生み出して会場を盛り上げるストロングスタイルというか、メンタルの強さに感心してしまうのですが。くじけることはないんですか?

BKB「全然、くじけますよ。平気な顔していますけど、全然くじけてますね。芸人なんで、そこは戦いですね。でもウケるとすごく楽しいんですよ。なんばグランド花月ではおよそ800人がブンブンとやってくれました。あれを見るともうやめられないですね」

――座右の銘は?

BKB「大事にしているのは『鏡は先に笑わない』という言葉ですね。鏡を見ていても、自分が笑わなければ鏡の中の自分も笑わないという。自分がムスッとしていたら、相手もムスッとなってしまう。でも自分が笑ってたいら相手も笑ってくれる。結局は自分の心次第でどうにでもなるよということで、笑った方がいいですよね。つらい時はBKBのネタを見てクスッと笑ってもらえたらいいなと思います」

――最後にあらためてライブの意気込みを。

BKB「ブルー(B)な気持ち(K)をぶっとばします(B)! 見終わった後に明日からも頑張れそうやなと思ってもらえるようなライブにしたいですね。全国でみんなとツーリングしようぜ! バイクだけに......、ブンブン!」

サムネイル
自身初の全国ツアー『バイク単独バイク10周年 全国ツーリング』が開催(全5都市)


バイク単独バイク10周年単独ライブ 初全国ツアー(全5都市)
7月2日(土)大阪・ABCホール ※前売り完売御礼(当日券若干あり)
7月18日(月・祝) 宮城・仙台福祉プラザふれあいホール
7月30日(土)広島・よしもと紙屋町劇場
8月5日(金)福岡・イムズホール
8月19日(金) 東京・ルミネtheよしもと

バイク川崎バイク 「R-1ぐらんぷり 2015」>>


バイク川崎バイク
1979年12月17日生まれ。兵庫県出身。2003年NSC大阪校26期卒業後、2006年にピン芸人・バイク川崎バイクとして活動を開始。2014年に東京進出。テレビ、舞台、CM出演など幅広く活躍している。

(取材・文/壬生智裕)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来 のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き 方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ