ここから本文です

タレントのヒロミが、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(所持)で逮捕された元俳優・高知東生容疑者の妻である女優の高島礼子に同情を示した。

サムネイル

高島礼子/Reiko Takashima, Jun 15, 2015 : 映画「極道大戦争」(三池崇史)の公開直前ヒット祈願イベント=2015年6月15日撮影
写真:MANTAN/アフロ


高島は6月30日に京都市内で記者会見を開き、夫の不祥事を涙ながらに謝罪。夫の薬物使用についてはまったく気づいていなかったと釈明した。

ヒロミは7月1日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、「その人を幸せにしようと思って結婚したのに、その人に頭を下げさせなきゃいけないようなことをしたっていうのは、すごい罪だと思う」と高知容疑者を批判した。高島の謝罪会見については、「見ていてつらい」とコメントした。

またヒロミは、「高島さんは本当に知らなかったと思うんだよね。高知さんのことを信用していて気づかなかった。女の影も薬の影も見えないし、高知は完璧にだましていたと思う」と自身の考えを述べる。また高島が会見中に「離婚」の言葉を口にしなかったと話題になっているが、ヒロミは「言い方は変だけど、詐欺とかにあって、周りからは『だまされてる』って言われても、本人がわかんないときってあるじゃない。そんな感じにも見えちゃう」「今周りからすごく『別れなさい』とか言われてると思う。でも今『別れたくない』とか『支えていきたい』って(思ってる)風に見えちゃって......」と同情を示した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ