ここから本文です

フジテレビ系「アウト×デラックス」に"アウト軍団"として準レギュラーで出演中のタレント・カブトムシゆかり。芸名も「カブトムシと結婚したら名字が"カブトムシ"になるから」という理由でつけたというほど無類の虫好きな彼女だが、なかなかの美人で、"かわいすぎる虫ドル"として注目を集めている。そんなカブトムシだが、私生活は意外とリア充(!?)のようで......。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 カブトムシゆかり)


■ピーク時には300匹の虫を飼っていました

「虫を好きになったのは幼少期です。お母さんの趣味がガーデニングで、常にお庭に虫がいっぱいいる状態だったので、お庭の虫たちを見ていたら自然と好きになりました。これまでにはカブトムシの他に、ヤスデ、ゴキブリなどの虫も飼っていて、ピークのときは300匹くらい飼っていましたね。ひどいときは虫に月8万円とか使っていて、カブトムシのエサに高級マンゴーをあげたりもしていました。今はそこまでではないですけど、相変わらずいろいろな虫は飼っていて、それぞれの適正温度に合わせてビニールハウスに分けて入れたりとかしています。お部屋にも虫が寄って来やすいように蝶(ちょう)が好む植物を置いたりもしていて、もう昆虫館みたいになってます(笑)。

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 カブトムシゆかり)


なんで虫が好きなのかってよく聞かれますけど、虫って知れば知るほど面白いんですよ。例えば働き蟻(あり)っているじゃないですか。小さい頃に踏みつぶしたり水に浮かべたり残酷なことをしていた思い出がある人も多いと思うんですけど、外に出ている蟻(あり)って、実はみんな年寄りなんですよ。蟻(あり)の世界では、若い人は安全な土の中でお仕事をして、歳をとったらもう寿命がないんだからって外に出されちゃうんです。だから私たちはそのお年寄りの蟻(あり)たちを踏みつぶしたりしていることになるんです。そういうのを知ると残酷なことしてたなって思ったり、虫って知っていくと面白いことばかりなんです」

■私生活では意外と普通!?

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 カブトムシゆかり)


「でも意外と私生活ではあまり虫好きは公言していないんです。もちろん聞かれたら答えますけど、虫を好きでもない人に自分から虫好きアピールをしたりはしないですね。芸能界では"虫会"っていう虫の採集をしたりする会に参加したりもしていますけど、その他ではOL時代の友達といることも多かったりします。結構年代も性別も幅広い友達がいて、そのせいで友達から『男の人紹介してよ!』って言われることも多いので、最終的に合コン状態になるような飲み会に参加することも多いですね。意外と普通の私生活を送ってます(笑)。

ちなみに好きな男性で言うと、ロン毛の男性が好きです。好き過ぎてTwitterでロン毛の人をフォローする用のアカウントも持ってるくらい(笑)。あとは養わなければならない虫がいるので、こっちを振り回すような男性は嫌だなと思いますね」

■書籍『虫活』を作っていたら血尿が!?

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 カブトムシゆかり)


「芸能界に入ってからこれまでいろいろな活動をしてきましたが、今回虫についてさまざまな視点から紹介する『虫活』という本も出版させてもらいました。この本は虫好きさんっていうよりは、虫は好きじゃないけど興味はあるとか、始めてみたいけどちょっとオタクっぽいかもと思ってためらっている人たちにぜひ読んでもらいたい本になっています。女性にも手に取ってもらいやすいように表紙のデザインや中のページの色使いにも気を使ったり、写真を多めに使ったり、虫をランキング形式で紹介したりすることでちょっと肩の力を抜いて見られるような本に仕上げてあります。血尿が出るほど追い込まれて作った力作なので、ぜひ手にとっていただけるとうれしいです(笑)。

今後の目標で言うと、これまでに自分は結構やりたいことをやらせてもらって、大体の夢を叶(かな)えてしまったので、今後は10代の若い子とかが私の後を引き継いでもっと虫好きを増やしていってくれたらうれしいなと思います」


自身初の書籍となる『カブトムシゆかりの虫活! 虫と私の○○な生活』(文一総合出版)を発売したばかりのカブトムシ。この本をきっかけに彼女の後を継ぐ少女が現れるかも!?

妖精になる前の虫ドルの可愛すぎる私服姿>>


アイドルが女友達に呼ばれる意外な理由>>


意外と残酷...巣の外にいるアリは全員◯◯>>


その他の出演番組>>

・虫ドルが女性向け"虫活本"を発表!
・虫好きの娘への母からの仰天プレゼント
・カブトムシ飼育に適した意外なカゴとは
・虫ドルがレポート中必死で笑いを堪えた訳
・虫ドルが苦手な意外すぎる男性のタイプ

◆カブトムシゆかり
1989年1月16日生まれ。東京都出身。もともとはOLをしていだが、自身のブログ「虫とYシャツと私」がオスカープロモーション関係者の目に留まってスカウトされ、2011年に芸能界入り。芸名は、カブトムシと結婚したらカブトムシが名字になるという意味を込めて名付けた。今年5月に処女作となる書籍『カブトムシゆかりの虫活! 虫と私の○○な生活』を発売した。座右の銘は「五十歩百歩」。

(取材・文/木村彩乃@HEW)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来 のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き 方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ