ここから本文です

NMB48・山本彩が、グループを卒業する渡辺美優紀に寄せて作曲したデュエット曲「今ならば」への思いを明かした。同楽曲は7月4日に神戸・ワールド記念ホールで開催された渡辺の卒業コンサートで初披露された。渡辺は「最高のプレゼント」とコメントしている。

サムネイル

山本彩/Sayaka Yamamoto(NMB48/AKB48), Feb 02, 2016 : 写真集「みんなの山本彩」の発売記念イベントを開催した「NMB48」の山本彩さん=2016年2月2日撮影
写真:MANTAN/アフロ


"さやみるきー"コンビとして山本と一緒にNMB48のエースを務めてきた渡辺だが、7月3日・4日に卒業コンサートが行われた。2日目のアンコールでは、さやみるきー初のデュエット曲「今ならば」が初披露された。作詞は秋元康氏が担当し、作曲は山本が自ら手がけた。

山本は7月5日にTwitterで、「会場がピンク色に染まりとても温かい空気に包み込まれて胸がいっぱいでした。あの時間、あの景色 皆さんの胸にも一生刻まれていて欲しい」と渡辺の卒業コンサートの感想をつづった。また「今ならば」について、「純粋に作りたいという気持ちをちゃんと形に出来て良かったしみるきーが喜んでくれて嬉しかった」と思いを明かした。

また渡辺もTwitterで、「最高のプレゼントです。言葉がなくても想いが伝わってきて何度も聴いて泣いてしまいました。『今ならば』は私の宝物です」とつづっている。

なお大阪・NMB48劇場で開催する渡辺の卒業公演の日程は未定。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ