ここから本文です

嵐・二宮和也と、日本テレビ系「news every.」等を担当しているフリーアナウンサーの伊藤綾子との交際が報じられた。お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀と交際中のフリーアナウンサー・神田愛花は、女子アナの交際相手の多様化を指摘している。


サムネイル

神田愛花/Aika Kanda, Jul 23, 2015 : 「アインズ&トルペ新宿店」オープニング=2015年7月23日撮影

写真:MANTAN/アフロ


発売中の『女性セブン』(小学館)は、二宮のマンションへ向かう伊藤の姿をスクープした。2014年5月のフジテレビ系「VS嵐」での共演をきっかけに距離を縮めて交際に至ったと報じている。


かつて女子アナの交際相手といえば、スポーツ選手、とくに野球選手がおなじみだった。今でもお笑い芸人がゲストの女子アナを「やっぱり野球選手との結婚を狙っているの?」のようにイジるネタは、ある種の定番となっている。


ただ今回の報道も含めて、この頃スポーツ選手以外と交際・結婚する女子アナが増えてきている。昨年11月に中田有紀アナがロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONのベーシスト・山田貴洋との結婚&第1子妊娠を発表したことは記憶に新しいだろう。またフジテレビの松村未央は、お笑い芸人の陣内智則と結婚秒読みとみられている。


女子アナ×スポーツ選手以外のカップルのまさに"当事者"である神田愛花は7月7日に「最近、女性アナウンサーの交際相手の幅が広くなったなぁ〜...と、自分の事はさて置き、しみじみと実感」とツイート。「少し前までは"プロ野球選手がお決まり!"なんて世間では言われていたけれど、こういうところからも時代の流れと多様性の広がりを感じる...と真面目に思っちゃった朝です」とつづった。


神田は6月にバラエティ番組で、多くの女子アナが野球選手と結婚する理由について、インタビューを通して職場恋愛的に交際に発展していくからだと説明していた。かつての女子アナたちは、多忙な生活のなかで出会いの場というのがスポーツ選手へのインタビューくらいしかなく、そのため交際・結婚の相手も自然とスポーツ選手が多くなっていったのだろう。だが女子アナのタレント化が進み、多くの女子アナがバラエティ番組等にも関わるようになった今、出会いの場はスポーツインタビューに限らない。「女子アナの交際相手=スポーツ選手」というイメージが過去のものとなる日もそう遠くはなさそうだ。


(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ