ここから本文です

俳優の坂上忍が、各局で放送された選挙特番の内容に疑問を投げかけた。バラエティー的な演出に違和感を覚えているらしく、「『そこまで若者に寄せる!』.....みたいな」「そもそも、選挙特番にエンターテインメント性っているのかな?」と指摘している。

サムネイル

坂上忍/Shinobu Sakagami, Jun 13, 2015 : 写真集「パグゾウくんとシノブくん」の発売記念イベントに愛犬のパグゾウくんと登場した坂上忍さん=2015年6月13日撮影
写真:MANTAN/アフロ


第24回参院選の投開票が7月10日に行われ、各局では選挙特番が放送された。しかし坂上は番組内容に疑問を感じているようで、「いつの頃からか、選挙報道が.....。番組が始まった途端に、大勢が見えるようになってしまい.....。なんだかな~、って感じよね」と素直な感想を述べた。

今回から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたためか、若者に人気のアイドルやタレントを起用する番組もあった。しかし坂上は「各局、趣向を凝らしているようですが.....。こちらも、なんだかな~.....ですね。『そこまで若者に寄せる!』.....みたいな。ちょっと、わたしでもビックリするような番組もあったりして.....。おじさんは、ついていけませんでした。付き合わされてる、演者さんがかわいそうでかわいそうで.....」とこぼす。

坂上は「そもそも、選挙特番にエンターテインメント性っているのかな?」と疑問を投げかけて、「まぁ、時代ということにしておきましょう。ってことで.....明日の朝、新聞を熟読します」とつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ