ここから本文です

女優の能年玲奈が「のん」に改名して再出発することとなった。しかしその裏で思いがけず注目が集まってしまった人物が1人......。そう、"のんちゃん"ことお笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望だ。

サムネイル

岩尾望/Nozomu Iwao(フットボールアワー/Footballhour), Sep 01, 2014 : 映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(マット・リーブス監督)のヒット祈願イベント=2014年9月1日撮影
写真:MANTAN/アフロ


能年は7月14日に週刊誌『FRIDAY』公式サイトにアップされた動画で、「のん」に改名したことを笑顔で発表した。だが「のん」といえば、すでにフット岩尾がいるではないか! Twitter上では、

「岩尾さんの顔が浮かぶんですが><」
「そんなん、岩尾望の顔しか浮かばへん」
「のんに改名するって、岩尾さんの顔がチラつくじゃない...」
「フットボールアワー岩尾に超強力なライバルが出現した」

といった声が上がった。またお笑いコンビ・しずるの村上純も「能年さん=岩尾さんになってしまった」とネタにしている。

同じ「のん」となり今後の芸能活動で紛らわしい場面もありそうなものだが、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のファンである岩尾としては、単純にうれしい事態のようだ。同ドラマのロケ地である岩手県久慈市で撮影したらしい、「北の海女」のハチマキを締めた自身の写真をTwitterにアップして、「のんちゃんはのんちゃんを応援しています!」とウキウキでエールを送っている。

ちなみに芸能界でもう1人「のん」といえば元モーニング娘。の辻希美が挙げられるが、こちらはとくにコメントしていない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ