ここから本文です

人気漫画『ONE PIECE』といえば日本国外でもアニメが放送されるなど、世界でも注目されている大人気漫画だが、規制の厳しい国ではアニメにたばこや女性の胸の谷間などを出すことが禁止されているため、ちょっと強引な変更が加えられているそう......。

今回は映画最新作『ONE PIECE FILM GOLD』(7月23日公開)が公開目前ということで、『ONE PIECE』が好きすぎて仕方ないというお笑いコンビ・ヴィンテージののぶ、お笑いコンビ・エルシャラカーニのセイワ太一、お笑い芸人のサンシャイン池崎、アイドルグループ・最終未来兵器mofuの白幡いちほの4人に、アメリカ版『ONE PIECE』の規制からあの人気キャラクターの秘密までを語ってもらった。

サムネイル

GYAO!にて劇場版第1作「ONE PIECE」を無料配信(~7/29)


劇場版第1作「ONE PIECE」を無料配信(~7/29)>>

無料立ち読み! 麦わらの一味の冒険を電子書籍でイッキ読み>>

■"禁煙"で名前まで変えられたキャラクター

のぶ「まず、アメリカ版ではサンジのたばこがアメに替えられてます。これだけでもキャラがだいぶ崩れちゃいますよね。そして葉巻を咥(くわ)えて口から煙を出すスモーカーというキャラクターがいるんですが、葉巻の部分だけが消されてしまって、何も咥(くわ)えてないのになぜか口から大量の煙が出続けているっていう不思議な状態になっています(笑)。しかも言葉自体もダメなのか、名前までスモーカーからチェイサーに改名されているんですよ」

■ナミとロビンが貧乳に!?

のぶ「あと『ONE PIECE』のひとつの醍醐味(だいごみ)とも言える女性の胸の谷間。これもアメリカではNGらしく、みんな貧乳になっています。しかも女性だけならまだわかるんですが、男性のおしりもダメなんですよ」

白幡いちほ「おしりに線が入っているのがダメだそうで、後ろ姿のときはおしりの線が消されてますよね。あと血もNG!」

のぶ「そうなんです。なので"血"が重要な鍵となったバトルでも、汗に替えられてしまっているんです。もう話の筋が変わっちゃいますよね」

■お上品にほほ笑むルフィ

のぶ「それからこれもびっくりなんですけど、ルフィってよく口を開けて笑うじゃないですか。でもアメリカ人は口を大きく開けて笑うのがダメらしくて、ルフィの笑顔が全部口を閉じたままになっているんです。アメリカって自由の国だって言われてますけど、子供も見る作品への規制はかなり厳しいみたいですね」

■『ONE PIECE』の秘密はアポロ計画にアリ!?

白幡「作者の尾田先生は、回想シーン以外では基本的に作中で人を殺しません。でも実は回想シーン以外で死んでいるキャラクターが3人います。そのキャラクターの名前が、ゴール・D・ロジャー、エドワード・ニューゲート(白ひげ)、ポートガス・D・エース。実はこの3人のキャラクターの名前は、アポロ計画のロケットの発射の準備のときに、失敗して亡くなってしまった宇宙飛行士3名の名前と被っているんです。亡くなってしまった3名というのが、ロジャー・チャフィー、エドワード・ホワイト、ガス・グリソム。エースは"ガス"の部分だけなんですが、これを知ったとき、ちょっとゾワッとしちゃいました」

■ハンコックのモデルは男だった

セイワ太一「ハンコックには実在のモデルがいまして、それがトーマス・ハンコックという天然加工ゴムの第一人者なんです。その男性の呼び名が"世界一ゴムを愛した男"だったことから、ハンコックがルフィを愛してるという設定につながっています」

■ロジャーの立派なヒゲ、実は"なが~い鼻毛"だった!?

サンシャイン池崎「これは尾田さんが公式ブックでおっしゃってたことなんですけど、ゴール・D・ロジャーってかなり長い立派なひげを生やしてるじゃないですか。あれ、実は初期設定の段階では鼻毛として描かれていたんです。だけど話が進んでいくうちにどんどんシリアスな感じになってしまって、途中で『これ鼻毛じゃダメだな』と考えてひげという設定に変えちゃったんです」

■2016年は「サンジの年」

白幡「これは前回のジャンプフェスタで尾田先生がおっしゃった言葉です。サンジって結構不憫(ふびん)キャラで、闘いの途中でフェードアウトしたまま、しばらく出てこなかったりとかわいそうな扱いをよく受けてきていました。でもそんな不憫(ふびん)な姿ばかりが描かれていた中でも、実は出自が良いようにも取れる意味深な発言をちょこちょこしてきていたんです。それでファンの間では『もしやサンジは貴族や王族なのではないか?』と考察されていたんですけど、今漫画ではそのサンジの出自についての情報が出始めています。そこで尾田先生の発言を振り返ってみると、『2016年はサンジの年』と。今年はこれまで張り巡らされたサンジの壮大な伏線が全部回収されるんじゃないでしょうか。楽しみですね!」

『ONE PIECE』といえばあらゆるものをモチーフに設定を考えると耳にはしていたが、まさかアポロ計画までもストーリーに組み込んでいたとは......。普通に読んでいてももちろん楽しい作品だが、元ネタ探しなど深く考察できるポイントがいくつもあることも、幅広い世代から愛される理由のひとつなのかもしれない。最新映画の公開も迫っているが、今回は私たちにどのような驚きと感動をもたらしてくれるのだろうか。子供から大人までを魅了する『ONE PIECE』の最新映画、夏休みはぜひ親子で見に行きたいものだ。

サムネイル
GYAO!にて劇場版第1作「ONE PIECE」を無料配信(~7/29)


◆『ONE PIECE FILM GOLD』
7月23日公開予定の『ONE PIECE』3年半ぶりとなる劇場版最新作。ストーリーは、世界最大のエンターテインメントシティ、グラン・テゾーロを舞台に展開される。グラン・テゾーロに乗り込んだ麦わらの一味の前に現れたのは、金の力で世界政府ですら容易く動かす"黄金帝"のギルド・テゾーロ(声・山路和弘)。テゾーロによる圧倒的な支配の前で、なすすべもなく街の非情なルールに飲み込まれていくルフィたち。自由とは、支配とは? この海を制するための答えを懸けて、ルフィ(声・田中真弓)たちの信念を掛けた闘いが幕を開ける。

尾田栄一郎アマチュア時代の投稿キャラ>>


外国版ONE PIECE日本との違いは?>>


主人公ルフィの名前に隠れた秘密>>


2016年注目のONE PIECEキャラ>>


映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌(ONE PIECE FILM GOLD ver.)>>


その他の出演番組>>

・ONE PIECE登場キャラの意外なモデル
・ONE PIECEとアポロ計画の意外な関係
・ONE PIECE革命軍の隠れた共通点
・ONE PIECE作中には隠れた予言が沢山
・ONE PIECE大好き芸人が今後の展開予想

◆のぶ
写真・上段右。1979年8月12日生まれ。大阪府出身。お笑いコンビ・ヴィンテージのひとりで、本名は大赤見展彦。『キン肉マン』や『ONE PIECE』をはじめとした大の漫画好きである他、戦国時代に関しての知識も豊富。憑(ひょう)依体質で心霊体験も多数あるそう。座右の銘は「ヒモヒモの実の能力者(嫁もち)」。

◆セイワ太一(せいわ・たいち)
写真・上段左。1971年4月6日生まれ。「THE MANZAI 2011」、「THE MANZAI 2012」のファイナリストにも残ったお笑いコンビ・エルシャラカーニのひとり。趣味は70年代の洋楽鑑賞やプロレス観戦。座右の銘は「No Manzai No Life」。

◆サンシャイン池崎(さんしゃいん・いけざき)
写真・下段左。1981年10月9日生まれ。鹿児島県出身。ワタナベエンターテインメント所属芸人の中で最も面白い芸人を決める大会「最笑王座決定戦」で優勝している。趣味は映画鑑賞と漫画、特技は一発ギャグ、ボート、ポスティング、卓球など。座右の銘は「阿鼻叫喚」。

◆白幡いちほ(しらはた・いちほ)
写真下段右。1990年11月18日生まれ。東京都出身。アイドルグループ・最終未来兵器mofuのメンバー。コスプレ好きでコスプレモデルとしても活動している。好きなものは日本酒、眼鏡、アニメ、ゲーム、サバゲーなど。座右の銘は「人生は死ぬまでの暇つぶしだ」。

(写真・文/木村彩乃@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ