ここから本文です

男性のイメージが強い麻雀業界だが、実は女流プロ雀士も数多く存在する。しかも女優としても活躍していたり、グラビアDVDも出していたり、人気番組「あいのり」の元メンバーだったりと、対局をしたら思わず見とれてしまいそうな美女たちばかり。今回は女流雀士の中でもより抜きの6人に、その懐事情から、「女流は弱い」という厳しい声に対する思いまで、女流プロ雀士界のあれこれを語ってもらった。

サムネイル

上段左が東城りお、右が宮内こずえ、下段左から菅原千瑛、小笠原奈央、石田亜沙己、井上絵美子
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 女流雀士スペシャル)


■女流雀士は月給50万!?

宮内こずえ「まず女流雀士は儲かるよね(笑)。人によって完全歩合制なんですけど、やればやるだけ結果が出るので、普通のバイトしてるよりは、よっぽど儲かります」

石田亜沙己「主な収入源でいうと、雀荘のゲストっていう人がほとんど。雀荘では『いついつに○○プロがゲストで来ます』っていうイベントが開かれるので、そこで私たちに全国の雀荘からゲストのオファーが来ます。時間は6時間から8時間くらいで、当日はお客さんと麻雀をしたり、頼まれればサインも書いたりしますね。ファンの人たちが集まるので、ギャラは人気があればあるだけ多くなります。地方に行った場合には宿泊費と移動費も出してもらえるので、観光もできちゃったりします」

宮内「メインの仕事である雀荘ゲストの他に、麻雀番組の収録などもあります。ここまでが会社員でいうところのお給料で、大会での賞金がボーナスみたいなものですかね」

菅原千瑛「大きな大会だと優勝賞金300万とかなので、勝てればかなりのお金になります」

井上絵美子「それから別に女流雀士一本でやっている人以外にも、平日はOLとして働いていて土日だけ雀荘ゲストをしたりしているプロもいます」

小笠原奈央「そうだね。あ、ちなみにさっき東城さんの6月の予定を見たけど50万くらいは稼いでそうだったよ(笑)」

東城りお「えっ(笑)。正解は言わないけどね! あと女流は男性と違ってカレンダーや写真集を出したりすることもあります。ここにいる全員が参加してるんですけど、前に13人で水着の写真集を出したこともありますね。拒否権ももちろんあったんですけど、みんな了承しました。その他にも私はグラビアのDVDも出していますし、女流雀士にはどこかアイドル的な部分があるのかな」

菅原「それが理由かはわからないけど、やっぱりファンは男性がほとんどだよね。だからたまに女性の方を見かけるとうれしくなる」

石田「でも男性の雀士は女性ファンが特別多いってわけじゃないよね。イケメンで人気の方は、女性からプレゼントを送られてきたりしてるみたいだけど」

■日常会話で使える麻雀用語は?

井上「普段の私生活で言うと、私よく麻雀用語を普段の生活の中で使っちゃう(笑)」

小笠原「『テンパる』が『テンパイ』(麻雀用語であと一つの牌が入れば上がれる状態)から生まれていたり、一般的に使われてる言葉の語源が実は麻雀用語ってこと多いよね」

石田「そうそう。私の場合、日常で使っちゃうのは数字関連の言葉が多いかな。服を買うときとか、例えば1万8,000円だったとしたら『インパチ』(1万8,000点)とか『親っ跳(おやっぱね=親の跳満で同じく1万8,000点のこと)だね~』とか(笑)」

宮内「私はティッシュで最後の1枚を取るときとかに、よく『ハイテイ』(局の最後に行われる摸打のこと)って使っちゃう!」

東城「あと友達が食べてるお菓子を『ちょっとちょうだい』って言うときに、『これちょっとチーしていい?』(チー=他人の捨て牌からもらうとき)って(笑)」

小笠原「やっぱりみんなあるんだね。そこから発展していって『テンパる』みたいな普通にみんなが使う言葉ができたりするし、雀士って結構流行り言葉を作り出しやすいのかもね」

井上「その他のあるあるで言うと、キャッチフレーズがぶっ飛びすぎてて驚かれることが多いとかかな(笑)。ここにいるメンバーだと、『清純派黒魔術師』、『不屈のベビーフェイス』、『純白の牌奏者』とか(笑)。ちなみに私は『微笑みのルシファー』なんですけど、これは自分で考えました(笑)」

菅原「私の『清純派黒魔術師』っていうのは勝手に決められちゃったんだけど、これすごく不本意!『清純派黒魔術師』ってちょっとよくわからないじゃないですか。黒魔術とかやったこともないし、付けた人がちょうど誰かに付けたかったのかもしれないけど、不本意なので良いのがあれば変えたいなと思ってます(笑)」

■大事な試合は"赤い勝負パンツ"で

小笠原「あとみんな対局のときにはジンクスを大事にしてるよね(笑)。常にいろんなものを試して、ダメだったらやめて、良かったらまたやるって人が多い。私は前に赤いパンツを履いて対局に挑むっていうのをやってた。失敗しちゃったからそれ以来1回も履いてないけど(笑)」

東城「私はまだ赤パン継続中だよ」

宮内「あとさ、たまたまやっちゃったことも願掛けに入っちゃったりするよね。例えば私は1回対局にタクシーで行ったときに勝っちゃって、次に負けるまで全部タクシーで行き続けた! かなりお金かかったけど(笑)」

井上「でもこんなに頑張ってるのに、大会では男性プロに比べて女流は勝てないって言われがちだよね」

宮内「もともと男女比が9対1くらいだから、どうしても女子が割合的に勝ち残りにくいのに、『女流は勝てない』って言われるんだよね。なんか悔しい」

石田「そうだね。だからそんなこと言われないためにも私たちが頑張ってもっと女性にも麻雀を普及させていこう!」

幅広い活動を行い、麻雀界を盛り上げる女流プロ雀士たち。こんなにも華やかで、さらにお金も儲かる(!?)業界ならば、女性たちの間で人気職種になる日もそう遠くはないかも!?

現役プロが雀士の収入の仕組みを紹介>>


あいのりメンバーがプロ雀士になった訳>>


美人過ぎるプロ雀士が麻雀を始めた理由>>


意外と多い日常で使われている麻雀用語>>


仲良し女流プロ雀士が揉める原因は......>>


その他の出演番組>>

・プロ雀士が実践している験担ぎを紹介
・麻雀だけじゃない女流雀士の多彩な仕事
・プロ雀士に朝が弱い人が多い理由とは
・女流雀士の10割が着たことのある衣装
・プロ雀士達の気になるキャッチフレーズ


サムネイル

◆石田亜沙己
1990年2月2日生まれ。愛知県出身。キャッチフレーズは「リトルマシンガン」。読者モデルとしても活動している。座右の銘は「笑顔」。

サムネイル

◆井上絵美子(いのうえ・えみこ)
1987年9月6日生まれ。東京都出身。キャッチフレーズは「微笑みのルシファー」。元会社の受付嬢であり、退社をきっかけに麻雀を始めた。座右の銘は「力に限界はない!!」。

サムネイル

◆小笠原奈央(おがさはら・なお)
1987年2月1日生まれ。千葉県出身。キャッチフレーズは「不屈のベビーフェイス」。女流プロ雀士になる以前に人気番組「あいのり」に出演していた。座右の銘は「苦しい時こそ笑う」。

サムネイル

◆菅原千瑛(すがわら・ひろえ)
1991年12月2日生まれ。埼玉県出身。キャッチフレーズは「清純派・黒魔術師」。学生時代にはミス高千穂大学にも選ばれたことがある。座右の銘は「一期一会」。

サムネイル

◆東城りお(とうじょう・りお)
1990年9月18日生まれ。秋田県出身。キャッチフレーズは「ミス・パーフェクト」。モデルのようなルックスとスタイルの持ち主で、グラビアDVDも出している。座右の銘は「ファーストコンタクト」。

サムネイル

◆宮内こずえ(みやうち・こずえ)
1980年3月28日生まれ。愛媛県出身。キャッチフレーズは「純白の牌奏者」。女優としても活躍しており、番組の企画にてプロ雀士になった。座右の銘は「ナチュラル」。

(取材・文/木村彩乃@HEW)
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ