ここから本文です

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、乳がん闘病中の妻・小林麻央の34歳の誕生日に会えなかった理由を、自宅の周りにマスコミがいたからだとコメント。一部週刊誌の報道に苦言を呈した。

サムネイル

市川海老蔵/Ebizo Ichikawa, Oct 14, 2014 : 新作歌舞伎「六本木歌舞伎」の製作発表会見=2014年10月14日撮影
写真:MANTAN/アフロ


7月21日は小林の34歳の誕生日だったが、海老蔵は同日朝にブログで、「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて...」と嘆いていた。前日夜には「明日は愛する人の誕生日、しかしやはり週刊誌がいるらしい、らしいでなく、いる、そうです」「ただただ残念、」とつづり、マスコミに悩まされていることをうかがわせていた。

海老蔵は8月4日、「おいおい笑笑」とブログを更新。2人が誕生日に会えなかったのは海老蔵の仕事のためだったというふうに読める週刊誌報道を引用して、「家の周りにマスコミがいるから会えなかったのよ...そこをきちんと書こうよ...その他は問題なしとおもうけど笑」とマスコミ対策のために会えなかったことを明言した。さらに海老蔵は当該報道に対して、「そこにいたのは貴方の会社の方もいたよ笑」とチクリと刺した。

これまで海老蔵は何度もマスコミに対して取材自粛を呼びかけている。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ