ここから本文です

フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、NHK「あさイチ」に生出演。番組MCを務める有働由美子アナとV6・井ノ原快彦に「黄金コンビ」と太鼓判を押した。

サムネイル

有働由美子/Yumiko Udou, Oct 10, 2014 : 「第65回NHK紅白歌合戦」の紅組司会者に決まった=2014年10月10日撮影
写真:MANTAN/アフロ


古舘は8月5日放送の「あさイチ」で、13年ぶりにNHKに生出演した。古舘を前に珍しく緊張している様子の有働アナだが、古舘は「『すみません、噛(か)んじゃって』っていう、ああいう感じ。堅いアナウンサー界の中で本当にカジュアルトークがうまい方」と称賛する。さらに「デート中におもらしした」という発言で視聴者からクレームが寄せられるなど、NHKアナらしからぬトークで知られる有働アナについて、「普通下ネタで失言したって言ったら、あまり良い話じゃない。でも人間味みたいなことで全部いい方向に行く」と語った。

また「有働さんがちょっと変なこと言ったら、(井ノ原が)フォローする。アナウンサーとタレントさんの立場が普通と逆転している」と指摘。その関係に「始めは違和感が正直あった」と告白しつつも、「その違和感が、のちのちすごい黄金コンビになっていくんだなと」と持論を展開する。

古舘は、「何度聞いてもグッとくる名曲は、最初聞いたときは違和感があることが多い」という例えを用いながら、「あまり自分の脳内に入っていないメロディーラインって、『なにこれ、気持ち悪い』と拒絶感みたいなのがあるけど、だんだん耳に慣れてくると習慣性が出て、『本当にいい』となる。2人のコンビはそういう感じ」と有働アナと井ノ原のコンビに太鼓判を押した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ