ここから本文です

高齢化の世相を背景にした結婚詐欺"後妻業"をテーマに、シニア世代の悲哀と人間模様を痛快に描いた映画『後妻業の女』(8月27日公開)。大竹しのぶ、豊川悦司、津川雅彦など演技派として名高い豪華キャストが多数出演することもさることながら、その圧倒的なリアリティーも公開前から話題を集めている。同映画の原作となった小説『後妻業』の作者で直木賞作家の黒川博行に、小説誕生の秘話から映画の感想や思いなどを聞いた。

サムネイル

大竹しのぶ、豊川悦司出演『後妻業の女』8月27日公開


「大竹しのぶ讃歌」と監督自ら賛辞を贈った傑作"人間喜劇"/〈視線の先〉『後妻業の女』鶴橋康夫監督インタビュー>>

■大竹しのぶ主演と知った瞬間、良い映画になると確信した

サムネイル
直木賞作家 黒川博行氏『後妻業の女』8月27日公開


――映画化のお話やキャスティングを聞いたときの印象はいかがでしたか?

「鶴橋監督の脚本は面白くて、物語に華があった。それに、そらもう、大竹しのぶさんが主演と知ったとき、この映画は間違いなく良い映画になると思いましたよ。もうピッタリやもん、小夜子に。これ以上の配役はないし、それだけで映画が出来上がることが楽しみになりました。実際、完成した映画を見たときもホンマうまいなと感心したもん。」

サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開


――大竹しのぶさんの小夜子は魅力的でしたね。

「なんべんでも言うけど、めちゃくちゃ演技がうまい。狙いを定めた時のコケティッシュなまなざしとか、フッと目をそらすときのしぐさとか。どちらも詐欺師独特の動きなんやけど、それをよく表現していてドキッとするシーンがいっぱいあった。大竹さんのおかげで小夜子がより鮮明になってたと思います」

――大阪弁も含めてリアリティーがありました。

サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開


「そうやね。大竹さんは関西出身ではないから言葉は大変やったと思う。大阪弁は意外と難しいからね。関東の人からしたら全部一緒に聞こえると思うけど、大阪弁と京都弁では全然ちがうし、神戸弁もあるし泉州弁も全然別物だから。地元の人なら微妙なイントネーションですぐわかる。『ここは語尾に"や"はつけへん』とか『この最後の"やがな"は"がな"がいらない』とか、ちょっとしたニュアンスなんですけど、脚本を読んで何カ所か大阪弁に変えさせてもらいました。」

■良い映画と面白い映画は違う

――あらためて映画を見ての印象を教えてください。

サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開


「エンタテインメントとして面白かった。人間ドラマの傑作コメディーと言ってもいい。先にも話したけど、とにかく全体を通して華があるという言葉がピッタリですね。原作はシリアスなハードボイルドやから、華があるという感じとは逆。でも映画というのは華がないとダメやからね。カラッとしていてコミカル、ほんとによくできた作品だと思います。

僕は昔からずっと、年間150本くらい見る映画フェチなんです(笑)。日本映画を見るのは比較的少ないんやけれど、『後妻業の女』は最近見た日本の作品の中ではズバ抜けて面白かったと思うし、見た後も残る映画やね。"良い映画"というのは多いかもしれんけど、"面白い映画"かと言えば話は変わってくる。しかも、見た後に記憶に残る映画は本当に少ない。その場では楽しんでも、寝て起きたら忘れていることが多い。今年もすでに70本以上見てるとは思うけど、『ホンマ面白かったなぁ』という作品は2~3本かもしれん、『後妻業の女』を含めて。これ、決して楽屋褒めやないよ、僕、うそつかへんもん(笑)」

――確かに良い映画と面白い映画は違いますよね。

「違う違う! まったくね(笑)。演技や画が素晴らしいとか、良い映画というのは多いと思います。でもそれだけ。映画は娯楽だということがわかってる監督が映画を作ると、ちゃんと面白くなる。勘違いした監督が作ると別の作品ができる。そういった意味も込めて、この映画は面白かった。今もいろいろなシーンが思い出せるしね」

――周りの反応はいかがでしたか?

「試写会の時、東京と大阪でお客さんの反応が違うのが面白かった。笑いのツボが違うというか。東京ではシリアスな場面で「あらら...」という反応だったんだけど、大阪では爆笑が起こったりね。面白がるところが違うんかもしれんって勉強になりました。文化の違いというのは、映画鑑賞の場にも出るんやなと思ったわけです」

■実在した、本物の"後妻業の女"は厚化粧で話上手だった

――原作はお知り合いの実体験がモチーフと伺いました。

サムネイル
直木賞作家 黒川博行氏『後妻業の女』8月27日公開


「そうそう、ほぼ本当の話。『91歳の父親が78歳の後妻に、ヒドイ目にあっているんやけど』と知人から相談されてね。よくよく聞いていくと事件性が高そうやったから、弁護士を紹介しました。そしたら、その後妻に公正証書を取られているとわかって。公正証書のせいで法的に対抗する術がなくなってお手上げになった。だけどその知人は諦めきれなくて、探偵に調べてもらったんです。そしたら出るわ出るわ(笑)。過去9年間で戸籍上の夫だけで4人死んでいるとわかった。内縁の夫は数に入れてないから、もっと死んでいるかもしれん。ホンマろくでもない女です」

――その本物の後妻業の女性に会ったのですか?

「僕は会ってないけど、週刊誌や通信社の記者が取材に行きました。その時の画像をみると、厚化粧な女でした。美人とかやないんだけど、化粧や服に気を使って小奇麗にしているという感じですね。年配にしては若々しい印象。それよりなにより、ようしゃべるらしい。ベラベラと1時間ぐらい一人でしゃべってたそうです。話し好きで話し上手なのも特徴かもね」

――実際、年配の男性はそんな女性にひっかかるものなんですか?

「ひっかかるひっかかる、なんぼでもひっかかります(笑)。女がその気になれば入れ食い状態です。容姿はほとんど関係ない。話がうまくて楽しい人ならね。いろいろな手間とかをさっぴいても、割のいいバイトやと思いますね(笑)」

サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開


サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開



――どうやってお金持ちの年配男性を見つけるんですかね。

「それも簡単やん、結婚相談所に行ったらよろしい。住所と過去の職歴を見たら、いろいろとわかってくるからね。今現在の年金のこととか、住所とか。高級住宅地に一人で住んでる老人が結婚相談所とか行ったら、狙われます(笑)。あと、資産がわかったら、持病があるかとか、係累や縁者がどれぐらいいるかとかね。結婚相談所は宝の山です(笑)。独り身の年配の男性は気をつけた方がいい。まぁ、ある程度の金がなかったら誰も寄って来んし、心配することはないけど(笑)」

――黒川さんの作品は、悪い人はいっぱい出てくるけど愛を感じますね。

「悪党ばっかり書いているけど、そこは気をつけてます。登場人物はできるだけ殺さんようにしているし、人間臭さの奥深い部分を描きたいと常々思っている。人を殺したいと思ったことないし。って普通の人も思わないか(笑)。悪党はおもしろいと思います。小説は自分の内面や頭の中身が出てくると思うんで、それが小説ににじみ出てるのかもしれませんね」

――黒川さんの原作ファンの方へ、映画のメッセージがあれば。

「楽しい、面白い、華のある映画です。かわいい女の子もたくさん出てくるので、それを見て楽しむのもいいです。とにかくスカッと笑えて楽しめる、そんなエンタテインメント作品だと思うので、みんなで見に行きましょうね」

サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開


サムネイル
映画『後妻業の女』8月27日公開



■長寿化・核家族化に伴い、熟年婚活大国となったニッポン! この世相を背景に、金持ち男の後妻に入り、財産を狙うのが後妻業の女だ。結婚相談所主催のパーティで淑女然として老人たちの前に現れる小夜子(大竹しのぶ)。その魅力に老人たちはイチコロだ。80歳になる中瀬耕造(津川雅彦)もその一人。小夜子と耕造は惹(ひ)かれ合い、結婚。しかし、その背後には結婚相談所所長の柏木亨(豊川悦司)の陰があった......。共演は笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、尾野真千子、長谷川京子、水川あさみ、ほか。映画『後妻業の女』は8月27日より公開。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
黒川博行(くろかわ・ひろゆき)
1949年生まれ、愛媛県生まれ大阪府育ち。京都市立芸術大学卒業後、高校で美術を教える傍ら、1986年『キャッツアイころがった』で第4回ミステリー大賞を受賞し、作家活動に入る。大阪を舞台にした警察小説やハードボイルド作品を数多く生み出している。1996年『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞、2014年『破門』で第151回直木賞を受賞。その時代の社会テーマを取り込んだ独自の小説世界を持ち、多くのファンを獲得。原作の映像化も数多く、映画化としては今作『後妻業の女』で3作目となる。
座右の銘:棚からぼたもち

(取材・文/たなべりえ@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ